家計管理をきちんとするためには比較という2文字が大変重要です。すべてのことを比較することで、自分にピッタリの商品を購入できたり、また自分が納得できる商品を見つけたりすることができます。今回は家計管理をするのに必要な比較について考えましょう。

<比較にもいろいろなものがある>

家計管理を上手におこなうのに「購入する商品を比較する」「今の生活と過去の生活を比較する」「まわりと我が家とを比較する」という3つの比較を考えてみるのはいかがでしょう。「人は人。我が家はこれでいい。」と思っている人も同じくらいの収入の人がどの位の食費を使い、どれ位の家賃を払っているか参考にしたいものですよね。

<購入する商品を比較する>
同じ商品を購入する場合は、購入する商品をお店ごとに比較することで底値がわかります。そのために底値ノートを作っている人もいるくらいです。このことで家計管理の節約ができます。
また、違う内容の商品を購入する場合は、いかに自分にあった商品を選ぶかが問題になります。例えば保険にしても保険の内容はそれぞれ違いますよね。安くて自分にピッタリの保険がみつかれば言うことなし。納得して保険に加入することができます。また、その他にも車や家電製品や金融商品なども値段よりもまずは自分にピッタリのお気に入りを見つけ、その後同じ様な商品で価格の比較を行うと失敗しないですむと思います。