みんなの生活費ってどのくらい?全国平均をチェック

ガイド山口が雑誌や個人面談などでお会いするのは、30代が約8割。家計簿診断をしていると、みなさんが気にするのは、生活費を項目ごとにどれくらいにしたらいいか、ということです。

以下、平成24年の総務省「家計調査」より、世帯主が35~39歳、2人以上の勤労者世帯の家計簿を作成してみました(※「食品」には外食費も含む。また、費目別の平均の合計と支出合計は一致せず)。

食品     6万2781円
住居     2万3671円
水道光熱  2万0629円
家事用品     9327円
被服     1万2624円
医療        9474円
交通通信  4万2488円
教育     1万3549円
教育娯楽  2万9463円
その他    4万4805円
---------------------
支出合計 26万8803円

隣のお宅は我が家とは違うと分かっていても、ついつい気になるもの。でも、家庭によってお金がかかるところや、かけたいところは違うはずです。グルメで食費にお金をかけたいお家もあれば、教育にお金をかけるお家やレジャーにお金をかけたいお家もあります。

大事なのは、今も将来も、自分や家族が楽しく暮らせることです。ぜひ、定期的に「生活費家計簿」をつけて、将来のためのお金がちゃんと貯められるかどうか、家計を見直してみてくださいね。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。