家計が厳しくなると、やはり目につくのが保険料。「本当にこんなに必要なの」「背に腹は代えられないから今はこれを解約してしまおう」といった形で、ある意味保険の見直しを強行している家庭も少なくないのでは。そんなとき、どんな保険から手をつけたら良いか、長島の独断と偏見でお伝えしましょう。

家計がピンチ、保険解約の第一候補は

まず、解約していいのは医療保険です。保険料も安いのでそれほど効果は期待できないかもしれませんが、夫婦で5,000円から1万円は払っている家庭が多いのではないでしょうか。なぜ医療保険を解約していいのか。このサイトでもさんざんお話してきましたが、費用対効果が少ないのです。支払った保険料に対し受け取る保険金が少ない。ただそれだけです。医療保険から100万円200万円を受け取ることはほとんどありません。せいぜい10万円とか手術をしても2,30万円がいいところでしょう。これくらいなら家計が厳しいのであれば貯金で対応すればいいのです。

保険解約第二の候補

解約して良い保険の第二の候補。死亡保障以外の特約です。今はだいぶ減りましたが、まだまだ国内生保の定期保険特約付き終身保険に加入している人、アカウント型、自由設計型の保険に加入している人です。(誤解のないようにお断りしますが、これらの保険が悪いとかいいとか、そういう理屈を言っているわけではありません。家計が厳しい時の対策としてお話していることをお忘れなく。)

これらの特約は、ほとんどが医療、傷害・災害、三大疾病、がんなどです。まず言えることはこの中で必要と感じる特約があったとしても、これらの特約は別の保険会社でも十分に同じような保険料で加入が可能です。今現在家計が厳しいのであれば、死亡保障さえしっかり確保していればまずは安心です。特約保険料はけっして安くありません。まずは証券をみて保険会社に電話して確認してみましょう。

保険解約第三の候補

死亡保障の減額です。よく不必要に高額な死亡保障は見直しましょうと言われます。しかし、人を対象にした保険の中で、最も費用対効果の高い保険が死亡保障です。すなわち生命保険。特約なしです。この保険何千万もいらないからといって、解約しても失う保障が大きいですが、それで家計が潤うかというとあまり影響ありません。
保障額に対して保険料が他の保障に比べて安いからです。

それでも、無駄は無駄、保険料は少ないに越したことはないので3番目に持ってきました。ただしこの減額の作業には、必要保障額の算出が必要です。ちょっと面倒です。このハードルを越えないと怖くて減額できません。

それもあって3番目です。重ね重ねお伝えしますが、必要保障額の算出なくして死亡保障の減額はあり得ません。どうあっても保障を減らすというのであれば、保険料に対する保障を良く見て保険料が減った分と、保障が減った分のバランスをよく考えてください。

死亡保障は遺された家族に対する「愛」です。これだけ安い保険料で大きな保障を残せる。遺族にとってこのお金があるのとないのとでは大違いなのです。

家計がピンチになるということは蓄えや後ろ盾もない家庭が多いでしょう。そういう家庭こそ万日に備えて死亡保障だけはしっかり確保しておく必要があります。

自分は死なないと思っている人が多いせいか、すぐに死亡保障を解約する家庭が多いです。それは本当に大きなリスクを背負っていることになります。この辺も忘れないようにしてください。

家計がピンチの時の解約の順序『まとめ』

足早にご案内しましたが、最後にまとめてみましょう。
家計がピンチになったらやめてしまっていい保険は・・・

1.医療保険
  辞めてもそんなに影響はありません。

2.余計な特約は外してしまいましょう
  この機会に保険はシンプルに。いくらでも代わりはあります。

3.死亡保障は最後まで残して下さい。
  もし削るとしてもしっかりと必要保障額を計算してからです。
  最も大事なのは死亡保障です。

今まさに、解約しようとしている人がいると思います、今一度考えてみてください。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。