今回は遺産の分け方についてのご質問を頂きましたので、皆様とご一緒に「争いの少ない遺産の分け方」について考えてみたいと思います。
ではまず、ご質問の内容をご紹介しましょう。この場ではご質問者をAさんとさせていただきます。

Aさんの家は代々多くの土地を継承していらっしゃいます。実家には、おばあさま、お父様とお母様、そしてお兄様家族が住んでいます。Aさんはご次男で会社勤めをされています。また、ご長男はおばあさまの養子、ご長男のお子様はお父様の養子にそれぞれなっています。お父様は「本家相続」というお考えで、財産は全てご長男にお譲りになるおつもりのようです。

Aさんはこの件に関して全く納得できないそうです。何故なら「長男は億万長者で、自分は貧乏暮らしのように感じてしまう。」とのことです。Aさんとしては、争わずに、円満に相続する方法はないのかとお悩みです。

Aさんのお怒りもごもっともかと思います。ただ、日本の土地所有者の相続において、「本家相続」という考えをお持ちの方は結構いらっしゃいます。どのくらいの方々が「本家相続」をなさっているかというデータがあります。1995年~2000年の6年間の平均ですが、全体の8割弱の方々が「本家相続」を選ばれています。このデータを見ましても、Aさんのお父様のお考えは特別なものではないようです。これから少しずつ一緒に考えてみましょう。