一匹のネコ
どうして相続放棄を?

なぜ放棄を?

一連の花田家の相続の事で、お客様から質問を頂きました。
「普通は、相続放棄はしないのではないでしょうか?どうして放棄になったのでしょうか?」

一般的にはどうしている?

何も相続しないときは、通常、放棄という手続きはしません。他の相続人が財産を取得することを認める遺産分割協議書に署名と印鑑を押すだけです。すなわち自分の取り分の無い遺産分割協議書に同意すると言うのが普通です。

分割協議書作成のポイントはこちらから

では放棄した理由は?

放棄する理由としては下記の4つが考えられます。
1.実は債務の方が多い場合です。放棄すれば債務を引き継がないで済むからです。
2.債務が多い場合でなくても、価値はあるが、財産を処分でき無い環境があり、相続しても意味が無い場合です。重要な財産に他の方の抵当権が付されており、財産の処分可能性がほとんど無い場合です。もしくは、財産が自宅しかないようなケースで他の相続人が住んでいる自宅を売らないと財産を分けられない場合です。
3.財産はあるが話し合いにも応じたくない場合です。遺産分割協議は例え自分は不要と言っても協議はしなくてはいけません。
4.これ以上騒がれたくない場合も考えられます。この騒ぎに終止符を打ちたい場合です。

最後に

勝氏のマスコミに一貫してプライベート事情をしゃべらない姿勢は、立派であると思います。このような時は、「沈黙は金」と人生の達人に教わりました。見習いたいものだと思いました。

今回の貴乃花親方が取材に応じる理由は?はこちらから

関連リンク
▼花田家の相続関係はこちらから
花田家・二子山親方の相続問題で報道の間違いとは?どうなる?貴乃花の相続問題[All About 相続]
どうする?30代で遺産相続・放棄の手続きについてはこちらから[All About 相続]

相続税の納付の仕方が知りたい![All About 相続]
相続でどの位費用がかかるの?[All About 相続]
相続税入門中の入門その2[All About 相続]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。