Q3.相続は放棄できますか?

相続というと財産のイメージが強いですが、借金もセットです。場合よっては相続を放棄するという選択もあります
全ての財産債務を相続するかを、相続開始を知った日から3か月以内に意思決定します。借金等債務が多い場合は、相続放棄(相続人ではなくなる)または限定承認(*)を家庭裁判所に申し立てすることになります。

(*)プラスの財産を上限にマイナスの財産を引き継ぐ

Q4.遺産の分割が決まらない場合は?

未分割でも申告できます。申告期限間近でも慌てずに、とりあえず未分割で申告することをお勧めしています。申告義務の確認を早めに確認することが、無駄な出費等を回避するために重要です。

Q5.相続税の申告を忘れたらどうなる?

罰金と利息が課されます。法定申告期限内に申告されないと罰金が課されます。申告しない場合の罰金(無申告加算税)は平成19年より20%(納税額50万円までは15%)になりました。

上記加算税(罰金)の他、法定納期限の翌日から納税する日までの未納の期間について、年14.6%の利息(延滞税)が課されます。


【関連記事】
相続税の申告が必要かどうかの判定
相続放棄の期限と手続き

【関連リンク
相続手続き、スケジュール[All About 相続・相続税]
賢い相続税対策のノウハウ[All About 相続・相続税]
税理士選び・税理士報酬[All About 相続・相続税]
相続・相続税Q&A、無料相談[All About 相続・相続税]
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※2022/8/1~2022/8/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。