相続税と贈与税

打合せ
どんなものを贈与したら良いのか?
贈与で取得した財産は、原則として贈与税の対象になります。贈与税は、相続税を補完するために設けられた税目です。相続税を課す前(相続前)に、贈与で財産が減らされることを抑制するために、贈与税は相続税よりも負担が大きくなっています(基礎控除は低く、税率は高く)。

さらに、相続開始前の3年間に亡くなった人から受けた贈与は、相続税の計算に入れられます(相続税がかかります)。その代わりに贈与税は税額控除されます(二重に税金がかからない仕組み)。従って、折角贈与しても相続税がかかります。

しかし、うまく贈与を受けると相続税の節税になります。そこで、相続税の節税になる贈与を確認しておきましょう。

相続と贈与どちらが得?

相続と贈与どちらが得か? 贈与の方が特になるケースを紹介します。
贈与と相続はどちらが得?

贈与すると相続税の節税になるもの

価値が上がるものを贈与すると良いと前述しました。その他、収益を得られるものを贈与することも相続税の節税になります。さらに、大きく相続財産を減らすことが出来る贈与税の配偶者控除もあります。
相続税・節税対策でアパートを贈与する
贈与税の配偶者控除で相続税対策!