子供の行事・お祝い/入園・入学

卒業・入学服装マナーのポイント

入学式・卒業式は子どもたちにとって、とても大事なセレモニー。無難に着こなせる洋服や着慣れていない和服などの着こなしポイントをまとめてみました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランドセル
主役はあくまで子どもたち。着物はなるべく落ち着いた色合いを
卒業式・入学式は子どもたちにとって、とても大事なセレモニー。思い出に残る大切なシーンを是非残してあげたいものですね。 保護者としての服装ですが、なんと言っても洋服がほとんどです。またその中でも8割がたが、ブラックフォーマル姿だそうです。

洋服は無難に着こなせ、また明るい色のワンピースやスーツなどは、他にも着る機会があり重宝します。 しかし、思い切って和服スタイルに挑戦されてみてはいかがでしょうか? 今回は卒業式・入学式の和服・洋服の着こなしのポイントをまとめてみましたので、ご参考に!

和服いろいろ

■訪問着
略礼装の社交着として一般的。古典的なものから豪華な絵柄、モダンな抽象柄とさまざまな種類があります。付け下げや小紋に比べ少し派手になりがちなので、20~30代前半のヤングミセス向き。

■付け下げ
訪問着より染める工程を簡略にしたもの。模様が少ないので華やかさに欠け、少々地味。訪問着より略式。お出かけからパーティまで広範囲に着られます。卒業式・入学式には最適。

■色無地
慶弔どちらにも着ることができますが、両用で使うなら光沢の少ない布地で、明るい色を避けること。一つ紋か三つ紋がついていると改まった席でも通用します。帯を変えるだけで、いくとおりにも着られます。もちろん卒業式・入学式にも。

■小紋
染めの代表的なもので、総柄の細かい模様の着物のこと。着物全体に同じ模様が繰り返されているのが特徴。ほとんどの着物が、精巧な型紙を 使って染める型染めをされています。ほかに、絞り染めや更紗なども。

礼装としてはあまりふさわしくありませんが、渋い色調の江戸小紋は、遠くから無地に見えるぐらい小さい柄なので、卒業式・入学式には着て行けます。


よほど着慣れた人でないと、どんな着物を選んだらよいのか悩むところ。一番確実なのは和服の装いに詳しい方にアドバイスを聞いておくことですよね。

和服着こなしポイント

・着物を生かすも殺すも帯しだい。帯は着物より格を一段上に合わせること。

・着物が濃い色なら帯は淡色。一方が多彩な色使いなら他方は単彩、大柄と小柄の取り合わせ。帯と着物は、違うタイプの組み合わせが基本。また半衿、帯揚げ、帯締めなどの色合わせも大切。

・ヤングミセスの場合→華やかさや柄のボリュームを押さえた付け下げや訪問着がベスト。
ハイミセスの場合→柄の少し落ち着いた江戸小紋に黒の紋付羽織や絵羽羽織など。

昔は色無地に黒の羽織が定番でしたが、羽織の色をもう少し華やかにして、着物の色に合わせた色無地の紋付羽織などいかがでしょうか。また、羽織のかわりにコートやショールを着物に合わせて選んでもよいでしょう。

黒の絵羽織は、卒園・卒業式の頃(三月の肌寒い日の式)には、室内でも脱ぐ必要がないので、暖かくて便利です。

着物はやはり少数派で、それだけで目立ちますよね。主役はあくまで子どもたち。着物もなるべく落ち着いた色合いを。そしてお草履、バッグなどの小物はあまり目立たないものの方が無難かもしれませんね。 もし不安なら同じように着物を着て出席するお友達と相談してお互いにあわせると安心です。

次のページは洋服着こなしポイントです。

更新日:2014年02月25日

(公開日:2005年02月26日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    5

    この記事を共有する