結婚式・披露宴マナー/結婚式の服装

披露宴お呼ばれの服装(男性編)

結婚式・披露宴に男性が着ていく服装について解説。凖礼装のブラックスーツやディレクターズスーツなどの洋装が一般的。和装は、新郎新婦の父親、媒酌人、親族などが普通着る礼装です。詳しくマナーをお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
服装
招待客は、洋装が一般的。和装の場合は、新郎、両家の父親、媒酌人が着るのが普通。

結婚式や披露宴で、男性の和装の正礼装で出席すると言えば、主に仲人や新郎新婦の父親、媒酌人、親族などが普通です。 一般の招待客の場合は、凖礼装のブラックスーツやディレクターズスーツなどの洋装にするのが一般的。女性の場合と同じく時間帯と参列者の立場で、いろいろ礼装を使い分けする必要があります。

上手におしゃれに着こなしたいものですね。今回は男性の場合の和装・洋装をまとめてみました。ご参考までに!

【関連リンク】
「披露宴お呼ばれの装い(女性編)」
「披露宴お呼ばれの装い(子ども編)」


和装の場合は

正礼装は五つ紋付羽織袴。羽織と羽織下の着物は黒の無地。白く家紋が染め抜いてあるもので、袴の縞は、年配向きは幅が狭く、手に白い扇子を持つのが正式。草履は畳表で、鼻緒の色は白。和装の正礼装の便利なところは、着る季節や時間帯を問われないことです。

洋装の場合は

参列者の立場として、また着る時間帯にふさわしい礼装を選びます。基本のルールを押さえて上手に着こなしましょう。

正礼装 ・モーニングコート(グレートと黒、または白と黒のストライプのズボン)
・シルバーグレイか白黒ストライプのタイ
・靴は黒革で黒無地のソックスなど
・燕尾服、タキシード(上着と共布で脇に二本のブレートが入ったもズボンなど)
・ 燕尾服は塩の蝶ネクタイ、タキシードには黒の蝶タイが正式。
・ 胸元には礼装用のポケットチーフ(白シルク)靴は黒のエナメル
凖礼装 ・ディレクターズスーツ(グレーか黒のストライプか白の千鳥格子のズボン、ベスト着用)
・サックスコート
・ブラックスーツ(黒のシングルかダブルの上着に共布のズボン。シングルの場合はベストを着用)
・白のシャツにシルバーグレイか白黒ストライプのタイ。
・胸元には礼装用のポケットチーフ(白絹をスリーピークに)
・靴は黒の紐付き(ストレートチップ)など
・タキシード(上着と共布のズボン、側章が一本入ったもの)
・白のウィングカラーか普通襟のシャツに黒の蝶タイ、カマーバンドを着用。
・胸元には礼装用のポケットチーフ(白シルクをクラッシュに)
・靴は黒のエナメル 
略礼装

・ブラックスーツ、ダークスーツ 上着は共布ですそは折り返しなしのもの、またはダブル。
・シャツは昼は白シャツにシルバーグレーか白黒ストライプタイプのタイ、夜はタキシード風に黒の蝶タイなど。
・靴はシンプルなデザインもの。
・胸元には礼装用のポケットチーフ(白シルク又は麻)
・ダークスーツは、濃紺やチャコールグレー、こげ茶などの無地が基本ですが、カジュアルなパーティーなら、明るめの色のネクタイにしてもいいかも。
 小物使いでおしゃれに。


男性のゲストの8割方は、ブラックスーツが多いです。これは昼夜兼用できますが、個性を出したいのならタキシードがおすすめです。

新郎新婦の上司としての服装

社長や、部長といった要職にあり当日は主賓として出席する場合→きちんと正装に身を包む必要があります。直属の上司でスピーチを頼まれた時などブラックスーツの準礼装で、それ以外ならダークスーツで十分です。

新郎新婦の友人・知人としての服装

ブラックスーツにシルバータイが定番になっています。でもシャツをカラーのドレスシャツに変え、色物のネクタイをプラスして着こなしに少し工夫すれば、おしゃれな装い間違いなし!

夫婦で出席する時の服装

特別な決まりはないけれど、格を合わせてくださいね。お互いの服の色を似たものに合わせたり、奥様のドレスと旦那様のポケットチーフの色や柄をおそろいにしたり、共通点を作っていろいろ工夫したらとっても素敵になるでしょうね。

※ブラックスーツは黒無地スーツの総称で、特別に礼装用に仕立てられたドレッシーな服装をいいます。昼夜の区別なく、慶事・弔事にも着用され、今の日本では一番普及されている礼装ですよね。だからといって、容易に着こなされすぎて、礼装着用の緊張感がなくなっている様子も感じられます。だからこそ、披露宴の雰囲気や傾向などをよく考えて、上手に着こなせるようにしてほしいものです。

いかがでしたか?男性の服装って女性と比べると、華やかさに少々欠けるかもしれません。でも基本のルールをきっちりと押さえておけば、どんな披露宴でも自信を持って出席できます。普段見られない彼や旦那様の姿って、きっと素敵でしょうね。


<関連サイト>
・披露宴お呼ばれの装い(女性編)
・披露宴お呼ばれの装い(子ども編)
・結婚式お呼ばれガイド
・結婚式・披露宴
・冠婚葬祭のお金事情
・冠婚葬祭の装い

更新日:2004年11月15日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する