パソコンソフト/パソコンソフト関連ニュース

顔文字辞書をダウンロードして使う方法

普段は、変換で出てくる顔文字しか使っていないかた、辞書をダウンロードするとなんと、何千という顔文字を使うことができるのです!

執筆者:石渡 真澄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
えびすかぼちゃ
顔文字を送ろうね
今まで、顔文字を手作業でコピーして辞書登録したり、コピー&ペーストして使っていたり、手入力していた方も多いのではないでしょうか?
もっと簡単に顔文字を使いこなす方法があります! 辞書として顔文字を掲載しているサイトから、顔文字辞書をダウンロードして、辞書登録するだけ。読みを入れると簡単に顔文字に変換できますよ。いろいろなパターンの顔文字をゲットしましょう。

●顔文字辞書でバージョンを選択しダウンロード・インストール・・・1ページ目
●辞書登録・・・2ページ目




◆今回ご紹介するサイト◆

▼カプセルファミリー顔文字辞書

ここからダウンロードするとなんとIME-2002の対応が2110個、
IME-2000、98ですと1万以上の顔文字をダウンロードできます。
IMEのバージョンを確認して間違えないようにね。
また、Macや一太郎のATOKにも対応しています。




顔文字辞書をダウンロード・インストール

上記のサイトをクリックし、辞書のバージョンを選択します。IMEだけでなく、ATOK(一太郎)やことえり(Mac)にも対応しています。今回は、IME-2002で説明しますね。

1)カプセルファミリー顔文字辞書XPをクリック。



2)次のページでは、文章をよく読み、下の方にある、ダウンロードをクリック。



3)ファイルのダウンロードで[保存]をクリック。



4)[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。
保存する場所を選択し保存します。
※今回はデスクトップにしました。

5)[ダウンロードの完了]ダイアログボックスで[閉じる]をクリック。



6)デスクトップに保存されました。



7)このアイコンはLZHファイルですので、圧縮されています。Lhacaなどの解凍ソフトをダウンロードして準備しましょう。
アイコンをLhacaにドラッグしてかぶせます。



8)capsulefamilyのフォルダが開かれます。
read meなどを読んで使い方を学びましょう。

▼次のページで辞書を登録します⇒

更新日:2005年07月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する