節約/通信費の節約

携帯電話・最安料金プラン比較

各携帯電話会社の基本料980円の最安料金プラン。どれも同じようですが、詳細を見てみると微妙な違いがあるんです。あなたにとって最も安い電話会社を、ズバリお教えします!

執筆者:大串 明弘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
各携帯電話会社の基本料980円の最安料金プラン。どれも同じようですが、詳細を見てみると微妙な違いがあるんです。あなたにとって最も安い電話会社を、ズバリお教えします!

980円の料金プランとは?

基本使用料980円というソフトバンクのホワイトプランに追随する形になり、ドコモとauも980円の料金プランを開始しました。

ドコモとauの最大のセールスポイントは「無料通話分がある」ということ。対して、ソフトバンクは「ソフトバンク同士の通話が時間帯限定で国内通話料が無料になる」こと。

いったいどこが同じでどこが違うのでしょうか?

基本料金が980円になる、ドコモの「タイプSSバリュー」、auの「プランSSシンプル」、ソフトバンクの「ホワイトプラン」を比較してみました。

最安料金プラン比較
*1… 「ファミ割MAX50」加入時に家族への国内通話が24時間無料(テレビ電話60%割引)
*2… 「誰でも割」+「家族割」加入時に家族への国内通話が24時間無料(テレビ電話60%割引)
*3… 1時~21時の家族への国内通話は無料。「ホワイト家族24」加入で24時間無料。
*4… ソフトバンク携帯電話、ディズニー・モバイル携帯電話への国内通話が1時~21時まで無料
ドコモとauは2年縛りになる代わりに無料通話分がついている。

基本使用料は各社同じ

ソフトバンクの「ホワイトプラン」は基本使用料が980円ですが、ドコモの「タイプSSバリュー」は1,957円、auの「プランSSシンプル」は1,961円となっています。ドコモとauは割引サービスに加入することで最終的に基本使用料が980円になるという仕組みです。よって、割引後の基本使用料は各社横並びで980円です。

ドコモとauは条件がある

ドコモの場合、FOMA対象機種をバリューコースで購入し、なおかつ「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割」に加入する必要があります。auの場合、シンプルコースで携帯電話を購入し、なおかつ「誰でも割」に加入する必要があります。

ドコモの「バリューコース」とauの「シンプルコース」とは、携帯電話機の購入方法のことで、値引きのない定価販売のことです。携帯電話機の代金は高いですが、12回・24回の分割払いができたり、基本使用料が安いことが特徴です。

ソフトバンクのホワイトプランは購入方法に条件はありません。使っていない携帯電話をショップに持ち込んで電話番号をもらった(回線契約した)場合でもホワイトプランに加入できます。

ドコモとauは契約期間に要注意!

更新日:2008年08月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する