ハワイ/ハワイ基本情報

ハワイアン航空 羽田~ホノルル路線定期便就航へ

ハワイの航空会社、ハワイアン航空が初の日本直行便となる羽田~ホノルル路線を2010年11月19日に就航します。往路は羽田を深夜発、復路はホノルルを夜発となる運航スケジュールは、旅行者にとってメリット大。新しいハワイの滞在スタイルも生まれるでしょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイがもっと近くなる! 羽田便就航

初の日本直行便運航となるハワイアン航空。ハワイ島間の移動ではおなじみ

初の日本直行便運航となるハワイアン航空。就航まで日本語ウェブサイトの開設などサービスの充実を図る

米国時間2010年7月6日、ハワイアン航空の羽田空港~ホノルル国際空港路線が米国連邦運輸省により最終承認されました。これは、2010年10月の羽田空港発着枠拡大に伴い、ハワイアン航空がかねてより申請していたもの。ハワイアン航空初となるホノルル発羽田便は2010年11月17日、羽田発ホノルル便は11月19日に就航します。

ハワイアン航空って、どんな航空会社?

ハワイの文化、音楽、自然の美しさを機内でも感じられるようなサービスを提供予定

ハワイ島間の移動ではおなじみのハワイアン航空。羽田路線ではハワイの文化、音楽、自然の美しさを機内でも感じられるようなサービスを提供予定

ハワイで最も長い歴史を持つ州最大の航空会社がハワイアン航空。ハワイ各島を結ぶ便は、1日150便以上。米国主要10都市への直行便、フィリピン、オーストラリアなどへの直行便も運航しています。サービスへの評価も高く、2009年の米航空会社クオリティー調査(Airline Quality Rating)において、国内で最高のサービスとパフォーマンスを提供する航空会社に選出。米運輸省の行う米航空業界ランキングにおいては、6年連続で定刻離着率1位(2004~2009年)、荷物処理率も常に上位にランキングされています。

公式サイト>>>ハワイアン航空

 

羽田~ホノルル路線の運航スケジュールと使用機材

運航スケジュールは、1日1便。往路は羽田を深夜23時59分に出発し、ホノルルには同日の昼12時5分に到着。帰路はホノルル夜18時5分出発、翌日の夜22時5分羽田到着です。使用機種は、客席数264席のボーイング767-300ER機を予定。その後、客席数294席のより大きな新型エアバスA300-200機を同ルートに使用するという計画もあります。

アジアとハワイの味と文化をミックスした創作料理で有名なチャイ氏

アジアとハワイの味と文化をミックスした創作料理で有名なチャイ氏

また、ホノルルの人気レストラン「チャイズ・アイランド・ビストロ」のシェフ、チャイ・チャオワサリー氏監修による機内食を全クラスに導入、全日空とのコードシェアやマイレージプログラムの提携に合意するなど、就航に向けて新たなニュースも続々発表しています。


それでは、ハワイアン航空便利用のメリットを、成田~ホノルル路線と比較しながらチェックしていきましょう。往路深夜羽田発、復路夜ホノルル発のフライトを利用すれば、ハワイの滞在スタイルが大きく変わりそうです。

更新日:2010年10月09日

(公開日:2010年05月18日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する