お祝い・ギフト/水引・のし袋

のし袋の種類と表書き

利用頻度の一番高い「のし袋」。機会は突然訪れ、あらためて曖昧な知識に気づくもの。いざという時失礼のないように、最低限踏まえておきたい、「のし袋」の種類・書き方のルール、マナーを簡単にまとめました。

この記事の担当ガイド

年間の行事や記念日のお祝い、返礼、手土産にふさわしいギフトを選択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

のし袋の種類

最も一般的なご祝儀袋の例。

最も一般的なご祝儀袋の例。

のし袋はまず、贈る金額がご祝儀や不祝儀に見合ったものを選びます。金額が低い場合は装いもシンプルにするのが基本。ご祝儀に限れば、2、3万円の場合は折形など少し凝った水引の付いたものを。5万以上は格調高い色使いや豪華な水引のものを。7、8万~10万以上の場合は大判で厚みのある、松竹梅や鶴、亀など縁起物の飾りの付いた豪華なものがふさわしいでしょう。

 

のし袋の表書きは毛筆か筆ペン、サインペンで

のし袋の表書きは毛筆が原則ですが、筆ペンも許されています。万年筆やボールペンは不作法とされるため、どうしても筆が苦手な方はサインペンを使うとよいでしょう。文字の色は黒に限ります。さらにお祝い事の場合は濃い黒を用います。薄墨で書くのは葬式や法事など仏事の時だけです。行書などの続け字やかすれもなく、楷書ではっきりと書きましょう。

筆書きは上手下手ではなく丁寧に書くことが一番大事です。大きな百貨店や老舗の文房具店でのし袋を購入した際、筆耕さんに依頼出来る場合もあるので、自分では無理という方はお願いしてみるのも一つの手段です。


のし袋の表書き例

表書きには、贈る趣旨を伝える言葉である上書き(寿・御祝など)と、下に書き入れる贈り主の姓名とがあります。上書きは水引の結び目の中央上に、バランスよく書き入れ、それよりもやや小さめの字で姓名を書き入れます。


 
年長者が一番右になる

年長者が一番右になる

■3人連名の場合
格上、年長の順に右から左へ並べる。同格、同世代の場合は五十音順に右から左へ。

 
妻は名前だけ

妻は名前だけ

■夫婦連名の場合
夫はフルネームで中央に。妻は名だけを、夫の名の左位置にそろえます。

 

宛名は左上に入れる

宛名は左上に入れる

■宛名を入れて連名の場合
宛名は敬称を付けて左上に。宛名に近い方が格上なので、目上の順に左から右に。

 

会社名は氏名の右斜め上

会社名は氏名の右斜め上

■会社名・肩書きを入れる場合
氏名だけでは判断できない可能性がある場合、氏名の右斜め上にやや小さめの文字で書き添えます。

 

奉書紙に各人の氏名を書く

奉書紙に各人の氏名を書く

■会社やグループで贈る場合
職場の同僚やサークルなどの仲間で贈る場合、表には「営業部一同」「○○愛好会一同」などと、書いたうえで、別の奉書紙などに各人の氏名を書き、同封します。






写真協力:マルアイ

更新日:2009年10月20日

(公開日:2009年08月20日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する