老後の支出は1カ月約28 万円

平成27年「家計調査報告(家計収支編)」(総務省)によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の1カ月の家計収支は次のとおりです。
  •  実収入   21万3379円(うち社会保障給付は19万4874円)
  •  支出    27万5706円(うち消費支出は24万3864円)
  •  赤字     6万2326円
老後の定期収入である公的年金や企業年金では生活費や税金・社会保険料等の支出が賄えず、貯蓄の取り崩しや仕送りを受けて不足分を補っているようです。

人生90年時代、老後資金はいったいいくら準備すればいいのでしょうか。順を追って計算していきましょう。

セカンドライフに必要な資金は? ケーススタディで試算

充実したセカンドライフを送るための老後資金には、何が何でも確保したい生活費、安心かつ充実した人生にするその他の資金、例えばレジャー費用や車の買い替え費用、住宅のリフォーム費用、子どもへの援助資金、などがあります。

では65歳でリタイアする同い年のAさん夫妻(妻は専業主婦)を例に、セカンドライフに必要な資金を計算していきましょう。なお、セカンドライフ期間は、「平成27 年簡易生命表」(厚生労働省)を基に、Aさんは20年、妻は25年とします。

【1】生活費
現役時代に、老後の生活費を見積もる場合の計算式は、一般に
  • 夫婦時代の生活費=現役時代の生活費×70~80%×夫の平均余命
  • 妻だけの時代の生活費=現役時代の生活費×50%×夫と妻の平均余命の差
を使います。すでにリタイアしている場合、夫を見送った妻の生活費は「夫婦時代の生活費の70~80%」、妻を見送った夫の生活費は、夫の家事力により「夫婦時代の生活費の80%~100%」とします。

では、Aさん夫妻が65歳から平均余命まで生きる場合に必要となる生活費を計算してみましょう。
  •  毎月の生活費は、前出の高齢夫婦無職世帯の支出額28万円(=60歳以上の勤労者世帯の支出37万円の76%に相当)とする。
  •  夫婦時代の生活費=28万円×12か月×20年(夫の平均余命)=6720万円
  •  妻だけの時代の生活費=28万円×12か月×80%×(25年-20年)=1344 万円
以上から、生活費合計は8064万円になります。

【2】その他の資金(子供への援助資金や自宅のリフォーム費用等)
項目と金額は自分の状況に合わせます。ここでは次のように考え、2400万円としました。
  • 住宅ローン残債返却 300万円
  • 住宅リフォーム資金 500万円
  • 趣味・レジャー関連費用 400万円
  • 子供の結婚・住宅購入援助資金 400万円
  • 車買い替え関連費用 200万円
  • 医療や介護費用 300万円
  • 予備費 300万円

【3】65歳から平均余命までに必要な老後資金
【1】生活費8064万円+【2】その他の資金2400万円=1億464万円 となります。

老後の収入はどれくらい?計算例は次のページ>>>