焼肉/上野・三ノ輪・都内下町エリアの焼肉

焼肉 京城本店(北千住)

上質な肉をリーズナブルにいただける大衆焼肉の名店。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焼肉店でブランド牛を扱った先駆者

今でこそ焼肉店において、高級ブランドの黒毛和牛が当たり前のように使用されていますが、40年前は、食用としてはあまり価値が高く評価されていないホルスタインを使用する店が大半でした。そんな時代に黒毛和牛、しかもブランド牛のなかでもトップクラスと言われる松阪牛、近江牛(牝)を使い、焼肉店でブランド牛を扱うことを一般化させ世に広めたのが、今回ご紹介する京城です。

カルビ(タレ)

カルビ(タレ)



網の上で肉を焼くことで、霜降りの脂が程よく落ち、溶けでた脂の甘味と肉汁、タレが三位一体となって口の中に広がる。焼肉は黒毛和牛との相性がいい料理の一つで、焼肉の美味しさは、黒毛和牛特有の脂の刺しによるところが大きく、また黒毛和牛に感じられる独特の和牛香は、この脂の刺しがあってこそのものです。

くり(塩)

くり(塩)



創業時から松坂牛、近江牛を扱い続けてきた店主の岩田俊光氏によると、黒毛和牛の味も年々変化してきているそう。だから肉の変化に合わせてタレの味も少しづつ変えてきたとのことですが、それができたのは長年黒毛和牛と真摯に向き合ってきたからこそのこと。同店の肉が格別に美味しい訳は、信頼出来る仲卸業者から仕入れているということと、もう一つは骨付のまま仕入れ、お店でカットをしているので肉の状態がとても良いから。これは大将をはじめスタッフにそれだけの技術があるからできることで、表面には見えない底力を感じさせてくれ嬉しくなります。

ロース(タレ)

ロース(タレ)



リブロースの”巻き”を一般的な部位にした発祥の店

メニューですが、どの部位を食べても品質のよい肉なのでお好きな部位をオーダーすれば良いですが、補足するのであればリブロースの一部である”巻き”という部位についてです。リブロースの一部である”巻き”と言われる部位を提供したのは、同店が発祥の店といわれており、ここにも同店のお客さんへの愛情が感じられます。リブロースはリブ芯と巻きの部位からなり、切り離さずリブロースとして提供されることが昔は多かったのですが、同店ではこれを切り離してそれぞれの部位を提供しています。

それでなぜ愛情を感じるのか、それは切り離し、さらにそれぞれの部位の周りにある余計な脂を切り落としてきれいに磨いて提供することで、歩留まりが悪くなるからです。美味しい肉を、最高の状態で提供したいという店主の気持ちの現われではないでしょうか。

他、おススメはシンプルな味付けのミノ(しお)は鮮度のよさの自信からでしょう、レバ焼きも鮮度よく、表面の突起物のつぶつぶが小さなセンマイ刺しは、上質である証。肉のみならず、ホルモンも上質です。サイドメニューではハンバーグもおススメ。同店で出た端材の肉をうまく利用してつくられたハンバーグはふわっとしていて、上質な脂の松阪牛や近江牛の肉を使用したハンバーグらしい食感、どこか懐かしくもあるハンバーグです。また、牛シュウマイ、牛餃子がありますが、個人的には牛シュウマイがおススメ。牛肉らしい肉肉しい味わいが堪能でき、予想以上のなかなかの出来です。

ミノ(塩)

ミノ(塩)


牛シュウマイ

牛シュウマイ


ハンバーグ

ハンバーグ


お店は、北千住にある本店と水道橋、恵比寿に支店があり、現在本店は大将と息子さんがメインで切り盛りし、両支店は本店で修行されていた方々に任せているそうです。店内はどこも大箱。肉は昔ながらのステンレスの食器で供されるので、年配の方には懐かしく、若者には逆に新鮮に感じるのではないでしょうか。三店舗ともお伺いしましたが、どの店舗も安定した美味しさです。

美味しい肉をリーズナブルに、家族で安心してお腹いっぱいに食べられる焼肉店です。

同店で特に美味しい体験をした思い出の部位:くり(塩)、ミスジ、特上巻きロース(タレ)、ロース(タレ)、ミノ、今は幻のレバー刺し

■焼肉京城北千住店(本店)
・住所:東京都足立区千住2-62
・TEL:03-3870-4324
・営業時間:PM5:00~AM1:00(LO)
・定休日:年中無休(年末年始・夏期休業除く)
・地図:Yahoo!地図情報

更新日:2013年10月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する