工作・自由研究/ペーパー芯工作

ペーパー芯と紙皿で壁掛けの雛飾りを作ろう

ペーパー芯で作る,紙皿で作る,おひなさま,3月の工作,親子で作る,子供の工作,幼児向け工作,小学生向け工作,エコ工作,リサイクル工作,簡単手作り,3月の行事,キッズクラフト,壁掛けタイプの雛飾り,保育士さん向け,

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペーパー芯と紙皿で壁掛けの雛飾りを作ろう 

alt

ペーパー芯はおひなさまを作ってから半分につぶして、 裏面を平にして紙皿に貼付けています

子どもの頃に3月にお雛様を飾ってもらったのは、なんだか特別な記憶として残っています。手作りのお雛様もきっと良い思い出になるはず。お部屋のどこにでも飾りやすいコンパクトなサイズで、簡単に作れますので、春を感じる色の手作りで行事を楽しんでくださいね!
 

ペーパー芯と紙皿で作る壁掛けの雛飾り材料

alt

紙皿は楕円が無ければ、丸いものでもOK

[材料]
・トイレットペーパーの芯2個
・紙皿(楕円)
・折り紙
・銀ラメモール
・サインペン
・色えんぴつ
・梵天(ポンポン)
[道具] 
・はさみ
・ボンド
・穴あけパンチ


ペーパー芯に、折り紙を貼る

alt

お内裏様も着物の色を変えて、同じ様に貼る

ペーパー芯に、折り紙(肌色)を半分に切って、ボンドをつけて、巻きながら貼る。
その上から、着物用の折り紙(千代紙柄)も半分に切って、同じ様に巻きながら貼る。
(着物の方は、中央に衿に見立てた三角の切り込みを入れて、そこに小さく切った別の色の折り紙を、それより浅い三角の切り込みを入れて裏から貼っておく)
帯は、1.5センチくらいの幅に切った折り紙を巻きながら貼る。
 
 

お雛様とお内裏様の顔を描く

alt

お内裏様のホッペは女の子っぽくならないようにオレンジ色で

お雛様とお内裏様に黒のマーカーで髪の毛と顔を描く。
色鉛筆でホッペをぬる。





 

ペーパー芯を半分につぶして、頭を丸くカットする

alt

扇は山折り谷折りを繰り返す

顔のインクが乾いてから、ペーパー芯を半分につぶして、ハサミで頭を丸くカットする。
お雛様に頭飾りと、扇を(折りを入れて立体感をつけて)貼る。
お内裏様にも頭飾りとしゃくを貼る。

 

お雛様とお内裏様と桃の花を紙皿に貼付けて飾る

alt

ぼんぼりや菱餅と甘酒...いろんな飾りを考えてつけても良いですね!

半分につぶしたお雛様とお内裏さまのウラにボンドをつけて、お皿の中央に貼る。
周りに折り紙を切って作った桃の花と梵天を貼って飾りつける。
お皿の上側に穴あけパンチで2カ所穴を開けて、モールを通してねじってとめる。できあがり!
壁に掛けて飾ってね!



 

ワンポイントアドバイス

紙皿は額縁みたいに使えて、工作に便利な材料です。
楕円がなければ、丸い紙皿でOK。他に、食品トレーも。
最近はキレイな柄のついた食品トレーもありますので、そのまま使っても良いですね。
家にあるものでくふうしてみてくださいね!


■ペーパー芯と紙皿で作るお雛様はこちら

 

更新日:2013年02月27日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する