工作・自由研究/牛乳パック工作

リサイクル工作!牛乳パック椅子の作り方1

実はとっても使える子ども家具、牛乳パック椅子。わが子と一緒に牛乳パックのリサイクル工作で椅子を作ってみましょう!幼児の手でも作れるから自作の椅子に子ども大満足!詳しい作り方とコツを豊富な画像でご紹介!

執筆者:竹内 淳子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛乳パックで子ども用の椅子を作ろう!

牛乳パック椅子
左 小さな子どもにも作れる包装紙をリサイクルして仕上げた牛乳パック椅子右 キルティング生地で仕上げた牛乳パック椅子。ミシンが使えなくても大丈夫
今回は小さな子どもが使いやすい牛乳パックの椅子を作ります。幼児が自分の手で作ることができるように包装紙で仕上げる牛乳パックの椅子と、小学生からチャレンジできるようにキルティングの布で仕上げる牛乳パックの椅子、2パターンです。もちろん大人が作っても楽しく、しかも使える工作です。

■用意するもの
牛乳パック椅子
 
飲み終わった牛乳のパックを洗って乾かします。ひとつの椅子を作るためには24個の牛乳パックを用意します。

牛乳パック椅子
 
ダンボールも用意します。ここではビールの空き箱を利用しています。

牛乳パック椅子
 
用意する道具は、布製ガムテープ・はさみ・ビニールテープまたはセロハンテープ。鉛筆も使用します。

牛乳パック椅子
 
はさみは普通のはさみよりもリサイクルに使う分別用のはさみを使ったほうが作りやすいです。

■次回、仕上げるために用意するもの
包装紙で仕上げる牛乳パック椅子 - 包装紙2、3枚・のり・新聞紙2、3枚
生地で仕上げる牛乳パック椅子 - キルティング生地またはフェルト生地 90cm×55cm・生地用はさみ・手縫い用糸・針・待ち針・定規


更新日:2009年08月10日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    200

    この記事を共有する