運動と健康/運動のメリット・運動時間・強度・頻度

朝の時間を有効活用!朝運動が身体にいいワケ

運動しなきゃと思っても日々の仕事や家事に忙しく過ごしていると、どうしても運動する機会を失ってしまいがち。最近では朝の時間を有効に使おうという「朝活」が盛んに行われていますが、自宅でも「朝活」を始めてみませんか? 運動はどのタイミングで行っても効果はあるのですが、特に朝がオススメなのです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝の運動は脳を活性化して一日頭がスッキリ!

教室

運動の効果は学習能力の向上にもつながる

書籍「脳を鍛えるには運動しかない!」(NHK出版/2009年)では、シカゴにあるネーパーヴィル・セントラル高校で行われている「0時限」の様子が紹介されています。これは通常の授業が始まる前の「0時限」目に身体を動かし、ランニングを行うことで、クラスそのものの学業成績が向上したということが報告されています。運動をすることで脳への血流が促進され、酸素やエネルギーが供給されることによって、脳は常に活発に活動している状態といえるでしょう。考えごとや悩みごと、ビジネスの考えなどが行き詰まったら、じっと座って考えるのではなく、立って動いたり歩いたりしてみることで思いがけないアイデアが浮かぶことがあります。これも運動による脳活性化によるものと考えられます。特に朝の時間に運動を行うと、頭がすっきりと冴えた状態で一日を過ごすことが出来るため、運動の効果がより長く続くことになります。

生活のリズムが整い便秘も解消

ご飯

運動後の朝食は格別おいしい

朝に運動をすすめる理由は他にもあります。起床して身体を適度に動かすと、運動後は空腹感を覚え、朝食をおいしく食べることが出来ます。起きた直後から何も食べずに運動することはあまりオススメ出来ませんが、水分補給とバナナなど糖分を含んだ手軽に食べられるものを取ってから身体を動かすと、その後の食事をきちんと取ることにつながります。朝食を欠食する習慣は、健康にも美容やダイエットといった観点からもなるべく避けたいところなので、三食しっかり食べることを習慣化するためにも、積極的に「朝活」での運動にトライしてみてください。

また運動をする際に身体をひねらせるストレッチ動作などをいくつか取り入れてみましょう。特に腹部をひねる、伸ばすといった動作は胃腸を刺激し、ゆるやかなお通じにもつながります。朝、コップ一杯の水が胃腸を刺激することはよくいわれていることですが、身体の脱水症状を予防し、運動とあわせることで便秘解消にもつながります。

一日中基礎代謝が高まった状態で過ごす

コップ一杯の水

コップ一杯の水が朝のスイッチオン

身体のリズムは交感神経・副交感神経という二つの自律神経によって支配されています。活発に活動しているときには交感神経が優位に、ゆったりしているときには副交感神経が優位に働いている状態です。交感神経が優位に働くと、血流が促進され、体内のエネルギーを消費する基礎代謝も上がるのですが、朝の運動はこうした交感神経への刺激によって基礎代謝を高める効果も期待出来ます。

交感神経を刺激するためにはコップ一杯の水を飲むこととあわせて、日光を浴びること、大きく深呼吸することなどさまざまなものがありますが、朝の運動はこうした交感神経を刺激する要素を多く含んでいます。屋外で運動する場合には日光を浴びることになりますし、たとえ屋内でもカーテンを開けるだけでその効果は十分に得られます。交感神経が優位に働いた状態で身体を動かすと、血流が促進されて身体の中からもエネルギーを消費しようとする状態が高まります。朝の運動はこうした基礎代謝を10%程度上げるといわれており、体重をコントロールしてやせたいと思っている人にとっては見逃せないメリットです。

始めよう!朝の運動はムリなく楽しく

朝の運動を始めるときはムリなく出来る範囲で始めることが肝心です。起きてからしばらくは布団の上でストレッチするもよし、カーテンを開けて日光を浴びて背伸びから始めるもよし、それぞれ好きなスタイルで始めてみてください。屋外に出てウオーキングやランニングを行うのであれば、その前に軽く身体を動かして準備運動をしてから始めましょう。また運動を始める前には水分補給とエネルギー源確保のために軽く何か食べてから始めるようにします。バナナなどのフルーツ類やヨーグルト、ゼリーなどは糖分を含むものが多く、手軽に食べられるのでオススメです。

運動は健康や美容のためには必ず行いたい習慣であり、朝の運動はその効果がさらにアップ!となれば少し早起きしても始めたいところ。ただし気合いを入れて普段よりも1時間、2時間前に起きても続かなければ、あまりいい習慣とは言えません。ムリのない程度に20分、30分程度から早起きを始めてみて、生活リズムにあった運動を取り入れてみてくださいね。

更新日:2012年02月13日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する