スマートフォン/スマートフォンの選び方

AndroidとiPhone、どっちを選べばいい?

スマートフォンにはいろいろな種類がありますが、代表格はAndroidとiPhoneです。スマートフォンが初めての人だと、「Androidを選べばいいのか、iPhoneを選べばいいのか、なかなか悩むところですね。そこで今回は、AndroidとiPhoneの違いをまとめてみましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートフォンにはいろいろな種類がありますが、今は、AndroidとiPhoneが2大勢力とななっています。世界の出荷シェアでは、Androidが圧倒していますが、日本国内は、iPhoneの人気が高く、両者は拮抗しています。

こうなると、AndroidとiPhoneのどちらを選べばいいのか、なかなか悩むところですね。

そこで今回は、AndroidとiPhoneの違いをまとめてみました。Androidスマートフォンにするか、iPhoneにするか迷ったら、参考にしてください。Androidについては、「アンドロイド(Android)ってなに?Androidの基本」も併せてお読みください。


基本機能には差がなくなりつつある?

AndroidもiPhoneも、以下のような使い方ができます。
  • インターネットがパソコンのように利用できる
  • キャリアメールやWebメール、パソコンメールが使える
  • 音声通話ができる
  • アプリで機能を追加できる
  • SNSやクラウドサービスが利用できる
  • 画面タッチで操作ができる
  • カメラ機能でデジタルカメラのように使える
  • GPS機能でマップやナビゲーションが利用できる
  • 音声認識による検索
上記のような使い方であれば、基本的に大きな違いはないと思って大丈夫。どちらを選んでも十分に満足できるでしょう。


ハードウェアの選択肢の差は大きい

Androidスマートフォンのハードウェアには以下の特徴があります。
  • 高速なプロセッサ
  • RAMは1GB~2GB、ROMは16~64GB
  • バッテリーは、交換式や内蔵式がある
  • 取り外しができるmicroSD(最大126GB)が利用できる(対応機種の場合)
  • 同期、充電ケーブルは、microUSB

Nexus 6

Nexus 6


一方のiPhoneは、
  • 64bitの高速なプロセッサ
  • 本体メモリ8GB~128GB
  • 電池交換はできない(メーカーサポート)
  • 外部メモリ(microSD)は利用できない(サードパーティから外部メモリが販売されている)
  • 同期、充電ケーブルは、lightningケーブル(iPhione 5以降)
iPhone 6

iPhone 6


といった特徴があります。

プロセッサは、iPhoneがいち早く64bit化していますが、アプリ対応はまだこれからという事もあり、実質の体感速度はあまり差はありません。基本OSとアプリの動作環境が異なるので単純な比較はできませんが、どちらを使用しても、十分に満足できるくらいの動作速度にまで達しています。

もっとも大きな違いは、iPhoneはアップル社だけの製品で、最新機種はiPhone 6とiPhone 6 Plusの2機種であるのに対し、Androidスマートフォンは、ソニー、サムスンなど多数のメーカー製の機種があり、それどれに特徴が異なる点です。

つまり、比較的多くの人と同じ機種が欲しい場合はiPhone、いろいろな機種から選びたい場合はAndroidスマートフォンとも言えます。

Androidスマートフォンの選択肢には、外部メモリ、交換式/内蔵式バッテリー、防水・防塵、電子決済、ワンセグ/フルセグ放送など、多様なハードウェアと機能があります。


通信キャリア、サービスにも差が少なくなっている

Androidスマートフォン、iPhone、どちらもドコモ、au、ソフトバンクモバイルと、国内の大手キャリアから提供されています。通信プラン、料金も各社ともに横並びとなり、大きな差はないといってもよいでしょう。

キャリアメールだけでなく動画配信、書籍サービスなども両者ともに対応されています。特に、動画共有、配信サービス、電子書籍など、多少の違いはありますが、基本機能はiPhoneもAndroidスマートフォンともに対応されています。


この記事を読んで良かったですか?

良かった

46

更新日:2015年03月08日

(公開日:2011年10月11日)

あわせて読みたい