スマートフォン/スマートフォンの選び方

AndroidとiPhone、どっちを選べばいい?

スマートフォンにはいろいろな種類がありますが、代表格はAndroidとiPhoneです。スマートフォンが初めての人だと、「Androidを選べばいいのか、iPhoneを選べばいいのか、なかなか悩むところですね。そこで今回は、AndroidとiPhoneの違いをまとめてみましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートフォンにはいろいろな種類がありますが、代表格は、AndroidとiPhoneです。Androidを選べばいいのか、iPhoneを選べばいいのか、スマートフォンが初めての人だと、なかなか悩むところですね。

そこで今回は、AndroidとiPhoneの違いをまとめてみました。AndroidスマートフォンにするかiPhoneにするか迷ったら、参考にしてください。Androidについては、「アンドロイド(Android)ってなに?Androidの基本」も併せてお読みください。


基本機能に違いはある?

AndroidもiPhoneも、以下のような使い方ができます。
  • インターネットがパソコン並に便利に利用できる
  • キャリアメールやパソコンメールが使える
  • 音声通話ができる
  • アプリで機能を追加できる
  • 画面タッチで操作ができる
  • カメラ機能でデジタルカメラのように使える
  • GPS機能でマップやナビゲーションが利用できる
  • 音声認識による検索
上記のような使い方であれば、基本的に大きな違いはないと思って大丈夫。どちらを選んでも十分に満足できるでしょう。


ハードの性能の違いと特徴

Androidスマートフォンのハードウェアには以下の特徴があります。
  • 高速なプロセッサ
  • RAMは1GB~2GB、ROMは16~64GB
  • 電池交換式や内蔵式ができる
  • 取り外しができるmicroSD(最大64GB)が利用できる
Androidスマートフォンはデュアルコア搭載へ

Androidスマートフォンはデュアルコア搭載へ


一方のiPhoneは、
  • 高速なプロセッサ
  • 本体メモリ8GB~64GB
  • 電池交換はできない(メーカーサポート)
  • 外部メモリ(microSD)は利用できない
といった特徴があります。

プロセッサは、どちらも最新機種ではデュアルコアからクアッドコアが搭載しており、基本ソフトが異なるので単純な比較はできませんが、どちらも十分に満足できる速度といえます。

大きな違いは、外部メモリとバッテリー。Androidスマートフォンは多くの機種でユーザー自身でメモリやバッテリーの交換ができますが、iPhoneはメモリの増設はできず、バッテリー交換もApple Storeなどに持ち込む必要があります。


通信料金とキャリアの違い

Androidスマートフォンは、ドコモ、au、ソフトバンクモバイル、イーモバイルと、国内のほぼすべてのキャリアから購入ができます。iPhoneは、これまでソフトバンクモバイル独占でしたが、2011年10月からauからも販売開始になっています。

通信料金は、Androidスマートフォンでは、各社ともだいたい同じ料金体系です。iPhoneはパケット定額の上限が、Androidスマートフォンに比べて1000円ほど安く提供されています。キャリア選びでは、Androidスマートフォン、通信料金ではiPhoneが有利です。


更新日:2011年10月11日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    23

    この記事を共有する