スマートフォン/スマートフォン活用術

Androidとは何かをわかりやすく解説!

いま日本で発売されているほとんどのスマートフォンに搭載されているAndroid(アンドロイド)。Androidスマートフォンは、インターネット検索サービスのGoogleと深い関係がります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Android(アンドロイド)とは何か

Androidロゴ

Androidロゴ

Androidとは、元々は携帯電話向けソフトウェアを開発している会社のことでした。モバイル向け検索など、携帯電話からのインターネット利用を強化していた米Googl社は、創設22ヶ月という新興企業であるAndroid社を買収します。その後、2007年11月、米Google社(Google Inc.)は無償で利用できる携帯電話用のプラットフォームとしてのAndroid を発表します。

Androidは、Linuxカーネルをベースとした携帯電話用のOSやミドルウェア、アプリケーションをすべて含んだオープンな環境です。携帯電話用のプラットフォームには、アップル社のiOS、マイクロソフト社のWindows Phone、mozillaのFirefox OSなどがありますが、Androidは無償で利用できるほか、Googleサービスと連携している点が大きな特徴となっています。

Androidスマートフォンの急成長の理由

Androidのメリットは、なんといってもAndroid OSを搭載するスマートフォンを作る上でOSのライセンス料金がかからないことと、Googleサービスとの連携が確立しているところです。メーカーは端末を制作するコストを安く抑えることができます。また、開発環境も無償で公開されており、一般の開発者が無料でアプリケーション作成ができるところもメリットです。

つまり、端末が作りやすく、アプリケーションも作りやすいことから、多くの企業や開発者が参入しやすいというわけです。

 

Androidの急成長、スマホとタブレットを席巻

こうした環境を受け、世界の多くのメーカーがAndroidスマートフォンに参入し、ハイエンドなフラッグシップ機種から低価格で購入できるローエンド機種まで幅広い国や消費者のニーズに対応した展開により登場から僅かな期間で、先行するiPhoneを抜き、世界のトップシェアを奪取しています。

国内においても急成長中で、ケータイからの乗り換えが加速しています。2012年の新製品ではスマートフォンがケータイよりも多くの機種を発表する状況を経て、2013年にはスマートフォン中心になっています。タブレット市場でもAndroidが主流になりつつあります。

次のページで、Androidのメリットとデメリットを解説します。
 

更新日:2013年11月19日

(公開日:2009年06月22日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    21

    この記事を共有する