iPhone/iPhoneの基本

iPhoneメールの使い方と注意点

iPhoneでは実に数多くのメールが扱える。そのため、少しわかりづらく、混乱する人も中にはいるようだ。ここでどんなメールが使えるのかを説明しておこう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneでは実に数多くのメールが扱える。そのため、少しわかりづらく、混乱する人も中にはいるようだ。ここでどんなメールが使えるのかを説明しておこう。


SMS/MMS

MMSの画面。会話のような吹きだし形式で表示される

MMSの画面。会話のような吹きだし形式で表示される

SMSとはショートメッセージサービスの略。電話番号でやりとりをするメールサービスだ。海外では一般的なメールの仕組みで、iPhoneも当然ながら標準で使える。

日本でもNTTドコモやソフトバンクモバイルでも対応しているが、日本国内での相互接続性はなく、キャリア内での送受信が可能だ。日本では早くからインターネットメールが使えるようになっていたため、SMSはあまり使われてこなかった経緯がある。

一方、MMSはマルチメディアメッセージサービスの略。メールに画像や動画、音楽などを添付できるメールとなっている。SMSの発展型として位置づけられている。

iPhoneの場合、MMS対応によって画像などのファイル添付が可能になっている。電話番号だけでなく「●●@softbank.ne.jp」というアカウントでのメール送受信が可能だ。

日本の携帯メールと同様、自動的に受信を行い、受信されたメッセージは待ち受け画面に表示される(非表示にすること可能)。

SMSやMMSは会話のようにチャット形式で表示されるのが面白い。

自動受信 ○
絵文字 ○
他社ユーザーとの相互接続性 ○(softbank.ne.jpの場合、電話番号の場合は×)


i.softbank.jp

i.softbank.jpメールの画面。MMSの登場で、その役目は終わりつつある?

i.softbank.jpメールの画面。MMSの登場で、その役目は終わりつつある?

昨年、日本でiPhone 3Gが発売されたときは、MMSには対応していなかった。そのため、携帯電話のメールのように画像の添付が行えないなどの「弱点」が存在していた。

そこで、ソフトバンクモバイルでは、利便性を上げるために、独自のメールアカウントを設定。これが「i.softbank.jp」というものだ。ファイルの添付が可能で、しかも、自動的に受信するようになっていた。さらに途中からは絵文字の入力にも対応した。

MMSはチャット形式の表示だが、i.softbank.jpは通常のメール一覧として表示される。SMS/MMSは本体への設定作業は不要だが、こちらのアカウントはメールの設定を行わなくてはならない。

i.softbank.jpはパソコンのメールと同等の仕様であるため、iPhoneだけでなく、パソコンで送受信が行えるというメリットもある。


自動受信 △
絵文字 ○
他社ユーザーとの相互接続性 ○


メール

インターネットの広く一般的なメールが扱える。会社や自宅などのプロバイダを設定できる。Yahooメール(ただし、アメリカ)、Gmail、マイクロソフトExchangeなどのアカウントはIDとパスワードなどの一部情報のみで設定できるような仕組みも備わっている。HTMLメールの表示は可能。ただし、絵文字は使えない。自動受信は一部のアカウントでの対応のみ。

自動受信 △
絵文字 ×
他社ユーザーとの相互接続性 ○

メール画面。HTMLメールも受信できる

インターネットメール画面。HTMLメールも受信できる



どのメールが一番便利?

さまざまなメールの形式が使えるiPhoneだが、それぞれ一長一短があるので、どれがオススメというのは断言しにくい。普段、パソコンで使っているメールが設定できるのは便利でぜひとも使いこなすべきであるが、友人とのケータイメール代わりに使うにはSMS/MMSとi.softbank.jpとのどちらが良いかは判断しづらい。

これまでも、ソフトバンクユーザーでsoftbank.ne.jpのアカウントを使ってきた人はSMS/MMSのほうが友人に新たなメアドを伝える必要がないので便利だろう。一方で、メール管理のしやすさでいえば、i.softbank.jpのほうが良かったりもする。このあたりはそれぞれ使ってみて判断するしかないだろう。


【関連サイト】
アップル iPhone
→iPhoneの購入はこちら



更新日:2010年07月14日

(公開日:2009年07月12日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する