国債・債券/個人向け国債を徹底研究!

個人向け国債の金利の推移

個人向け国債の利益は、半年ごとの利息です。つまり、金利が何%なのかが重要ということです。これまでの個人向け国債の金利の推移を見てみましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人向け国債の金利の決まり方

個人向け国債は、2003年に変動金利の「変動10年」が誕生、2006年に固定金利の「固定5年」が発行され、2010年には「固定3年」が発行されました。それぞれの金利の決まり方と、これまでの金利の推移を見てみましょう。

個人向け国債は、下記の計算式の通り、一般の国債よりもいくらか低い金利が適用されます。

※計算式にある10年固定利付債(同5年、同3年)は、個人向け国債ではない一般の国債のことです。

■個人向け国債変動10年:
(1)2011年4月発行分まで
10年固定利付債の市場金利 - 0.80%

(2)2011年7月以降発行分
10年固定利付債の市場金利 × 0.66

■個人向け国債固定5年:
5年固定利付債の市場金利 - 0.05%

■個人向け国債固定3年:
3年固定利付債の市場金利 - 0.03%

次のページでは、金利の推移について解説します

更新日:2014年06月05日

(公開日:2011年03月11日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する