裁縫/入園グッズの作り方

入園グッズ:簡単レッスンバッグの作り方

通園にぴったりな、たっぷりサイズのレッスンバッグの作り方を紹介します。今回は、ジグザグミシンやロックミシンを使わなくても縫い代が処理できる、裏地のつけ方で作りました。裏地と切り替え布を付けることで、デザイン面だけでなく、丈夫さもアップ。持ち手の長さと、布地を変えれば、大人用としても活用できます!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丈夫できれいに仕上がる、裏地付きの簡単バッグ

通園バッグ完成画像

切り替え布を底につければ、おしゃれな仕上がりになるだけでなく、より丈夫に


通園にぴったりな、たっぷりサイズのレッスンバッグの作り方を紹介します。今回は、ジグザグミシンやロックミシンを使わなくても縫い代が処理できる、裏地のつけ方で作りました。簡単できれいに仕上がる作り方なので、覚えておくと、他のバッグにも応用できます。また裏地と切り替え布を付けることで、デザイン面だけでなく、より丈夫に。持ち手の長さと、布地を変えれば、大人用としても活用できます。初心者の方も、各手順にそって丁寧に作ってみてください。とってもステキなバッグが出来上がりますよ!

 

準備するもの

通園バッグ材料

少し張りのある、しっかりした生地の方が向いています

・布
・ミシン
・はさみ、定規 など

布は表地、裏地、切り替え布と3種類準備します。キャンバスやオックス、デニムなど、少し張りのある布地が、丈夫で扱いやすいと思います。 また時間はかかりますが、手縫いでも出来ます。その場合は生地が厚すぎたり、布目が詰まり過ぎていると針が通りにくく、縫いづらいです。 

布の下準備と型、時短アドバイス

レッスンバッグ型紙

レッスンバッグの型紙。画像は縫い線

<出来上がりサイズ約30×40cmの場合>
・A 袋本体:40×60cmを2枚(表地と裏地)
・B 持ち手:4×35cmを4枚(表地、裏地各2枚)
・C ポケット:20×15cmを1枚

右の型と上記のサイズは縫い線です。縫い線の外側に、袋本体とポケットの入れ口(赤線)は3cm、他は1cmの縫い代をとります。今回は、表地に40×20cm、縫い代1cmの切り替え布を付けました。

とにかく簡単に手早く作りたいという方は、持ち手に市販の持ち手用の綿やアクリルテープを利用してください。またサイズが小さくてもいい場合は、「裏地付の手さげバッグを作ろう! 30分コース」を参考にしてみても。こちらはB4サイズのコピー用紙を2枚つないで型にしています。この作り方を参考に、裏地の処理の仕方はお好みの方法を選んでください。

あと布の下準備として、作り始める前に生地を「水通し」するとよいでしょう。水通しについては「布の種類と扱い方」の「作る前に水通しを!」を参考にしてください。ガイド自身の失敗で、水通しせずに作ったバッグが、洗濯した際に裏地のみが縮んで変形したことがあります。必ず必要ではありませんが、生地によっては水に濡らすと縮んでしまう生地もあることを念頭にいれておくといいでしょう。 

次は、作り方を説明します >>

更新日:2011年01月20日

(公開日:2011年01月19日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    34

    この記事を共有する