離婚/離婚の手続き

知っておきたい離婚届の書き方と提出方法

離婚届はサインひとつでOKだと思ったら大間違い! 事前に夫婦で決めておくべきことや添付書類が必要な場合など、意外と知らない書き方や提出方法を詳しくご紹介します

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚届
離婚届を書く際には、証人や添付書類が必要になるので事前の準備をしておくことでスムーズに提出できます
「紙切れ一枚」という表現があるくらい、書いて提出すれば簡単に成立してしまうと思われがちな離婚届。でも実は、書き方や提出の仕方にもポイントがあるんです!

今回は、実際に離婚届を提出するにあたって「どんなところに注意して記入するべきか?」「必要な添付書類はなにか?」など、意外と知られていない手続きの方法についてご紹介します。

離婚届の書き方 3つのポイント

せっかく離婚届を出すと決めたのにもかかわらず、書類に不備があって再提出をしなければならない……などという展開は避けたいものですよね。スムーズに手続きを済ませるためにも、まずは書き方のポイントをおさえておきましょう。

1.事前に決めておくべきことを整理しておく!
離婚した後での戸籍をどうするか(結婚前のところに戻すか、新しく籍をつくるか)、親権はどちらか、未成年の子どもがいる場合の名前をどうするか(必ずしも親権を持つほうの戸籍に入るとは限りません)、年金の分割についてなどは、離婚届に記入しなくてはならない事項の一例です

2.証人が必要な場合は準備を!
協議離婚の場合に限っては、20歳以上の証人2名に住所、生年月日、本籍地を記入と押印がそれぞれ必要になります。夫婦に証人になってもらうことも可能ですが、その際は夫婦で異なる印鑑を押してもらうことになります

3.内容を訂正するとき、修正液は使わないこと!
離婚届の用紙にはボールペンなどで丁寧に記入することが基本。ただし、誤った内容を記入してしまった場合、修正液などで訂正するのではなく、二重線で消し、横に訂正印を押すようにします

以上が離婚届を書くときのポイントになりますが、法務省のホームページには書き方のサンプルも掲載されていますので参考にしてみてください。

離婚届に必要な添付書類とは?

離婚には「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」など、いくつかのケースがありますが、その90%を占めているのが協議離婚です。協議離婚の場合、役所へ提出するのは基本的には離婚届のみ。ただし、届出人が本人であることを確認するために、運転免許証やパスポートなど本人確認ができるものが必要になります。

協議離婚以外の場合には、離婚届のほかに提出しなければならない書類がいくつかあります。たとえば、調停離婚のときは調停調書の謄本が必要になりますし、裁判離婚のときは判決の謄本や審判書の謄本、確定証明書などを提出しなければなりません。

このほかにも、結婚前の姓に戻さない場合は、離婚届を提出した日から3ヶ月以内に別途書類を届け出することが定められています。

このように、個々のケースによって提出するものが異なる場合があります。おすすめなのは、離婚届を提出するときになってからではなく、離婚届の用紙をもらうときに相談しておくこと。事前に確認しておくことで、その後の手続きを不備なく進められるでしょう。

離婚届が受理されないこともある!? >>

更新日:2010年03月22日

(公開日:2010年03月14日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    30

    この記事を共有する