耳・鼻・喉の病気/鼻水・鼻づまり

かんでもかんでも出る…鼻水をスッキリ止める方法は?

風邪や花粉症にかかると止まらなくなる鼻水。何回鼻をかんでもスッキリせず、困る人も多いと思います。鼻水はいったいどこから来るのでしょう? 鼻水を止める薬の副作用についてもご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
風邪や花粉症にかかると止まらなくなる鼻水。何回鼻をかんでもスッキリせず、困っている人も多いと思います。鼻水はいったいどこから来るのでしょう? 鼻水を止める薬の副作用についても、詳しくご紹介します。

まずは鼻水を作る3つの器官について確認しましょう。

体調が良いときの鼻水は「涙」

sistema_lacrimal"
涙から見ると鼻は下水道になるんですね
鼻水の元の一つは涙。資源の再利用が叫ばれていますが、体が行っている水分の再利用の一つが、目を潤した涙を鼻腔に流すことです。目の表面が乾かないように瞬きする度に、涙腺から少量の涙が鼻腔に流れ、鼻腔の内側を乾燥から守るのです。

もちろん、通常の涙の再利用では鼻水にはなりません。鼻をすするほど量になるのは、感激したときなど、涙腺からの涙が極端に増加してしまった時に起こります。

分泌物の貯蔵庫? 顔の奥に広がる鼻腔

nasal_cavity"
表面からは見えませんが、目の下には鼻腔が広がっています
鼻(鼻腔)の入り口は指がやっと入るくらいの大きさですね。一般的に鼻として認識する部分はそんなに大きくありません。それなのに鼻水がキリなく出てくるのはなぜでしょう?

実は鼻腔の奥は、上顎から目の下の空間へと広がっています。横から見ると結構広い空間です。上記の涙だけでなく、この空間では粘膜から分泌物が作られ、鼻水の成分を作っています。体調に異常があり分泌物が増加すると、鼻の穴からあふれて鼻水になります。

通常、この分泌物は呼気に湿気を与えて鼻腔から咽頭、喉頭、気管の乾燥を防止するのに役立っています。鼻腔の上の部分は臭いを感じる細胞があって脳神経の臭神経につながっています。鼻腔の後の方には以前の耳管解放症の記事で取り上げた中耳とつながっている耳管があります。

鼻腔の外側に広がる、複雑な副鼻腔

nasal_cavity"
目の回りと鼻腔の回りには、複雑な構造の副鼻腔があります
鼻は一見シンプルな作りに見えますが、鼻腔を取り囲んでいる「副鼻腔」は複雑な構造の空間です。

鼻腔とつながっているので、この副鼻腔の分泌物も鼻水の元となります。副鼻腔は誕生した時は未完成でX線写真ではっきり写りませんが、子供の成長とともにX線写真で確認できるようになります。以前の記事で取り上げた副鼻腔炎では、鼻水よりも鼻づまりや咳、頭痛のような他の症状も伴います。

つまり鼻水は、涙腺・鼻腔・副鼻腔の3箇所の分泌物がそれぞれ混じりあって作られるものなのです。



>>次ページでは、鼻水を減らす方法についてご紹介します。>>

更新日:2008年01月15日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    27

    この記事を共有する