ワード(Word)の使い方/Wordの基本操作

Word(ワード)でできること

Microsoft Word(マイクロソフトワード)とは何でしょうか? Wordを使い始める前に知っておきたい、最も基本的なトピックをまとめてみました。Word 2003とWord 2007の違いも詳しく紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wordとは?










wordはマイクロソフトが開発したワードプロセッサです
Wordはマイクロソフトが開発したワードプロセッサです
Microsoft Wordは、米国マイクロソフト社が開発したワードプロセッサ、略して「ワープロ」です。現在、30代後半以上の方なら、「ワープロ」といったらNECの「文豪」、富士通の「OASYS」、東芝の「ルポ」といったワープロ専用機の名前をなつかしく思い出す方が少なくないかもしれません。あるいは、ワープロ専用機のあとに訪れた「松」「一太郎」「P1.EXE」……といったパソコン用ワープロソフトの全盛時代を思い起こすかもしれません。

時代は移り、現在は「ワープロ」といったら、ほぼMicrosoft Word(以下、Word)を意味するようになりました(注)。このワープロの変遷をまとめたら一冊の本が書けるくらいですが、ワープロの役割そのものは、それほど変わっていません。一言で言えば「文書作成」につきます。

ただし、文書作成といっても、その中身はさまざまです。ビジネスで使う企画書や報告書、稟議書や請求書もあれば、家庭で作るポスターやちょっとしたメモもあります。年賀状や暑中見舞いもそうですし、学校で配るプリントや原稿用紙もそうです。ワープロは、こうしたさまざまな文書を作成するために、どんどん機能を拡張していきました。その頂点に君臨するのがWordなのです。

(注)もちろん、ジャストシステムの一太郎はまだ現役ですし、無料で利用できるオープンソースのOpenOffice.org、Webブラウザで利用できるGoogleドキュメントなど、いまでもさまざまなワープロが利用されています。ただし、「ワープロ」の代名詞といったら、「Word」になるのは誰もが認めるところだと思います。

Word 2003とWord 2007の違い

更新日:2009年04月01日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する