フォーマルなプレゼンの機会、
増やしたくはないですか?

「プレゼンスキルを高めたい!」そう考えたら、やはりそれ相応のトレーニングが必要になるのは言うまでもありません。

以前の記事「プレゼンスキルって伸ばせるの?」でもお話したとおり、プレゼンに関するハウツゥを知っているだけでは不十分。
やはり場数をこなすことは、避けられないファクターなのです。

「日常のビジネスの中で場数を踏むのももちろんだけど、もっとフォーマルな場でのプレゼンをこなしたいなぁ」そんな風にお感じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方に、今回はうってつけの場所をご紹介したいと思います。

「トーストマスターズ」とは?

トーストマスターズというサークルをご存知でしょうか?

「トースト?パンですか?」知らなければそのようにお感じでしょうか、そのトーストではありません。トーストマスターとは“乾杯の音頭をとる者”という意味だそうで、そこから転じて、スピーチをおこなうという意味で捉えています。

つまり、トーストマスターズとは、スピーチをする人たちを指すのですね。その名の通り、スピーチのトレーニングをするスピーチクラブが、このトーストマスターズの正体なのです。

著名人も勧めるトーストマスターズ

日本では、まだあまり知られていないこのスピーチサークルですが、アメリカをはじめとする全世界レベルでは非常に有名。多くの著名人も、このトーストマスターズを強く勧めています。たとえば、米国屈指のコンサルタント、トム・ピーターズの言葉。

自分を売り込まずして、どうしてブランドになれる。
大勢の人の前に出たら、誰だってあがる。まずは、その恐怖を取り除くことだ。そのための方法は色々ある。
私はトーストマスターズの大ファンだ。教えることが紋切り型のきらいもあるが、学べることは多い。トーストマスターズは自助努力の素晴らしい組織で、これまでに何十万という人たちが、このクラブで「自分を売り込む術」をマスターしてきた。 (TBSブリタニカ「ブランド人になれ」より抜粋)

あと、キングスレイ・ウォードの著書「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙(新潮文庫)」などでも紹介されています

トーストマスターズでは何が学べる?続きは次のページ