照明・LED/照明器具・間接照明

心地よいトイレの照明

住宅のトイレ空間も狭くおろそかにされがちですが、実は健康にもかかわり重要です。今回は、照明計画の注意点とお勧めの光源についてご紹介しています。お見逃し無く。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレの照明の注意点


写真1.光が広がってトイレ全般を明るくする天井灯
ホテルやデパート・美術館などのトイレに入ると、結構内装や照明が気になります。一昔前は明るく清潔感のあるトイレが高い利用度を誇っていましたが、最近では内装材や色、照明にこだわった新しい感覚のトイレルームに人気が集まっています。

このような公共的なトイレは同じ人が何回も利用する訳ではないので、美しさや面白さと言う点で評価されることもあります。

一方、住宅のトイレは狭い空間であるがために、特に照明はその手法に制約を受けます。トイレルームは単独の部屋とバス・洗面が一体化となったユニット型があります。

単独のトイレルームは一畳があるかないかの狭い空間のため、内装や照明が暗いとあまり心地よさを感じないのが一般的です。またバス・洗面が一体化となったユニット型は、湯気の発生が起こるため、必ず防湿マークのついた照明器具を選ぶ必要があります。

狭いトイレ空間の照明は天井灯か壁付け器具が一室一灯で選ばれます。天井灯は普通部屋の中心に取り付けられますが便器の真上を避け、前方向か場合によっては後ろ方向にずらした位置に白熱灯60W用が選ばれます。


写真2.少し広いトイレでスポットを壁にあて間接的に照明しています。
そして器具はできるだけ光が広がって、壁や天井の一部が明るくなるようなものが開放感や清潔感を表現してくれます。これは排泄物の健康チェックのため便器内が自分の頭の影にならないようするためです。

ブラケットは狭い空間ではあまり勧められません。狭い空間故、邪魔な存在になりかねないからです。しかし階段下のトイレのように天井高がなく傾斜している場合はブラケットが望ましいこともあります。


次の頁ではトイレに適した光源をご紹介します。
 

更新日:2006年01月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する