テラス・バルコニー・ベランダ/テラス・ウッドデッキの基礎知識・リフォーム

ウッドデッキの基礎知識

新築やリフォームの際に、プランニングする方も多いウッドデッキには、天然木材を使用したもの、木の風合いを持つ人工素材を用いたものがあります。ここでは、それぞれの特徴やメンテナンス方法などをまとめました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
休日には家族でゆっくり食事をしたり、お客様を招いてお茶の時間を過ごしたり、子供をのびのびと遊ばせたりと、プラスアルファの空間として人気なのがウッドデッキ。新築でもリフォームでも、プランニングする方が多くみられ、エクステリア建材としての商品も豊富にみられるようになりました。ここでは、ウッドデッキをプランニングする際に知っておきたい基礎知識をまとめました。

ウッドデッキの種類と特徴

ウッドデッキとは、木材でつくられた甲板のこと。一般的には、天然木材を使用したものを指しますが、商品的には、木材と樹脂を合成したタイプなど人工的なデッキも含まれます。

■天然木材

イメージ

天然木ならではの雰囲気のあるウッドデッキ。室内の床と繋がることでリビングからの広がりも

デッキに用いられる主な素材としては、ウェスタン・レッドシダー(ベイスギ)、イペ、ウリン、ヒバなど。デッキは雨風にさらされるので、強度と耐久性があり腐りにくい木材が適しています。ウェスタン・レッドシダーは、耐久性、耐水性に優れているのが特徴。イペは、耐久性、耐腐朽性に優れ、デッキ材としては理想的な木材。公共施設などでも多く用いられている素材です。腐食を防止するために、防腐剤などの薬剤を加圧注入しているものもみられます。

また素材だけでなく、デッキの耐久性を左右するのが塗装。どんな塗装なのか、メンテナンスの方法などを含めて事前に確認しておくことが大切です。

木粉+樹脂
LIXIL

ステップを設けてステージのようなデッキスペースに。 [樹ら楽ステージ] LIXIL(TOEX)

エクステリアメーカーからは、本物の樹木ではなく樹脂に木の粉を入れるなどした商品や環境を考え廃材と廃プラスチックなどを成型加工したリサイクル素材を用いたデッキが商品化されています。

このようなタイプのデッキ商品の特徴は、リアルな木質感を表現したものも多くみられること、好みに合わせた色味を選択できること。また、腐食や色褪せが起こりにくく、白アリなどに強いこと、干割れやささくれがなくお手入れが簡単なことなどが挙げられるでしょう。商品によっては、曲線の加工なども可能、表面温度が暑くならないような工夫をされたタイプも。フェンスやパーティション、ステップ、床下点検口、室内との段差を少なくする部材など、さまざまなアイテムを用意しているシリーズもみられます。


次ページでは、ウッドデッキのメンテナンス、DIYでの注意点をみていきます。

更新日:2013年09月09日

(公開日:2001年07月16日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する