簡単お菓子レシピ/ケーキ・焼き菓子のレシピ

濃厚ガトーショコラ

スフレのような軽い食感と、しっとりとして濃厚なチョコレートムース、両方の食感が楽しめるのが今回ご紹介するガトーショコラ。焼きっぱなしとは思えない、チョコレートならではのデリケートなおいしさを味わえるので、バレンタインの贈り物にも最適です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
濃厚ガトーショコラ

所要時間:45分

カテゴリー:チョコレートケーキガトーショコラ

 

ガトーショコラ

スフレのような軽い食感と、しっとりとして濃厚なチョコレートムース、ケーキの外側と中心部分の火の通り方の違いによって、一度に両方の食感が楽しめるのが、今回ご紹介するガトーショコラのレシピです。焼きっぱなしのケーキとは思えない、チョコレートの奥深いデリケートなおいしさが魅力のケーキです。

ガトーショコラの材料(18cm 円型 1台分

ガトー・ショコラ
チョコレート (製菓用ダーク) 70g
生クリーム 100ml
薄力粉 30g
ココアパウダー 30g
4個
グラニュー糖 100g (卵黄用30g 卵白用70g)
無塩バター 60g

ガトーショコラの作り方・手順

ガトー・ショコラの作り方

1:下準備する

下準備する
オーブンは200℃に温めておきます。薄力粉とココアは合わせてふるいます。ケーキ型に底にはオーブンペーパーを敷き、側面にはバターを薄く塗り、強力粉(分量外)をはたいておきます。卵を卵白と卵黄に分けておきます。

2:卵黄とグラニュー糖を混ぜ合わせる

卵黄とグラニュー糖を混ぜ合わせる
卵黄とグラニュー糖をボウルに入れ、白っぽくなり、もったりとしたクリーム状になるまで、泡立て器でよく混ぜます。

3:チョコレート、生クリーム、バターを合わせて溶かし、加える

チョコレート、生クリーム、バターを合わせて溶かし、加える
耐熱性のガラスなどのボウルに、チョコレート、生クリーム、バターを入れ、電子レンジ(600w)で1分30秒かけて溶かします。手順2の卵黄に少しづつ加え、泡立て器でよく混ぜます。

4:メレンゲを作る

メレンゲを作る
ボウルに卵白を入れ、ばしゃばしゃした水っぽい感じになるまで卵白を解きほぐします。泡立て器またはハンドミキサーを使い、はじめはハンドミキサーの目盛は中速で泡立て、全体が泡立ってきたらグラニュー糖の半量を加え、さらに目盛を高速で泡立てます。泡のきめが細かくなってきたら残りのグラニュー糖を加え、艶が出て角がしっかりと立つ状態まで続けて中高速で泡立てます。

5:ふるった粉類を加える

ふるった粉類を加える
ふるっておいた薄力粉とココアを手順3の卵黄類に加え、粉が消えた状態になるまで泡立て器でよく混ぜます。

6:メレンゲを生地に混ぜる

メレンゲを生地に混ぜる
1/3量のメレンゲを生地に加え、泡立て器で泡をつぶさないように、メレンゲを抱き込む感じで良く混ぜます。メレンゲの白い筋が見えなくなったら残りを1/3量ずつ2回に分けて加え、今度はゴムべらで底からすくうようにして、大きい動きでよく混ぜます。

7:型に入れオーブンで焼く

型に入れオーブンで焼く
生地を用意しておいた型に入れ、200℃のオーブンで25分焼きます。途中で焦げそうになっていたらアルミホイルをかぶせます。焼き上がったら型のまま冷まします。完全に冷めたら、デコレーションに粉糖(分量外)をふります。

ガイドのワンポイントアドバイス

焼きたてよりも冷蔵庫で冷やした次の日以降が、生地がギュっとしまり、チョコレートの味がより際立って、おいしくなります。使用するチョコレート本来の味がストレートに出るレシピなので、カカオ含有量の高い製菓用クーベルチュールチョコレートで作ると、一層本格的な味わいのガトーショコラに。私はこのレシピではヴァローナ社のマンジャリ(カカオ分64%)を使いました。お気に入りのチョコレートを楽しむガトーショコラのレシピ、今年のバレンタインにどうぞお試しくださいね。

更新日:2013年02月10日

(公開日:2010年01月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する