結婚式・披露宴の準備/結婚式アーカイブ

挙式・披露宴の費用

結婚式にはお金がかかるとよくいわれます。何にどれだけかかるのか、しっかりと把握することが、結婚式準備の第一歩となります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

挙式料は10万円~25万円程度

結婚式にはお金がかかる、とはよく言われること。結婚式準備をする前に、一体何にどれだけかかるのか、しっかりと把握しておきましょう。

挙式・披露宴の費用
挙式スタイルで最も人気が高いのがキリスト挙式です
結婚式は基本的には挙式と披露宴によって成り立っています。まずは挙式について。日本でよく行われる挙式のスタイルはキリスト教式、神前式、人前式の3つです。ほとんどの結婚式会場では、キリスト教式と神前式はパッケージングされていて、挙式料は10万円~25万円程度。一般的に、神前式よりもキリスト教式のほうがやや高い傾向にあるようです。

また、人前式については、挙式料を設定している会場とそうでない会場があります。披露宴会場を使用し、演出のひとつとして人前式を行う場合は、実費以外はとくに費用はかからない場合もあります。

披露宴費用は約70名で約300万円が平均値

挙式料は参列者に左右されません。ふたりだけの挙式だろうが、60名が参列しようが、基本的に料金は変わりません。一方、披露宴の料金は人数に左右されます。招待客が多ければ、料理や飲み物、引出物などの数が増えますから、それだけ費用も高くなるというわけです。

よく「結婚式を挙げるのには300万円は必要!」などといわれたりしますが、結婚式の費用は招待客数によって変わってきますので、この言い方はかなりあいまいということができます。

以上のことを頭に入れた上で、「ゼクシィ結婚トレンド調査2009」のデータを見てみることにしましょう。これによれば挙式と披露宴の平均は330万7000円。挙式料の平均は22万1000円とのことですから、披露宴だけの平均金額は308万6000円ということになります。ちなみに、招待客数の平均は73.8人です。

このデータから招待客1名あたりの披露宴費用を単純に算出してみると、約4万2000円ということに。ですから、この金額に自分が招待する客数をかければ、ざっとの平均値が出せるというわけです。

更新日:2010年10月01日

(公開日:2010年08月02日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する