小顔/小顔・顔やせ・顔のむくみ

小顔マッサージでむくみ&たるみを即解消!

顔のむくみやフェイスラインのダブつきは、太ってみえるだけでなく、老けた印象も与えてしまうもの。そこで、手軽にできるセルフマッサージをご紹介。実践後は、一回り顔が小さくなるのを実感できますよ!

この記事の担当ガイド

体験したダイエット法は250種類以上のダイエットエキスパート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝起きると顔がむくんでいたり、太ってもいないのにフェイスラインがボヤけていると感じるならば、それはリンパの流れが悪いか顔の筋肉のコリが原因かもしれません。これらは老廃物や余分な水分をためてむくみを引き起こすほか、たるみや吹き出物、シミ、シワの原因にもなります!

そこで今回は、顔のむくみ、たるみ、コリ、二重あごを解消し小顔に導く簡単なセルフマッサージをご紹介します。マッサージのベストなタイミングは、朝・晩に行うスキンケアタイム。乳液やクリームで指の滑りがよくなっている状態で行うことで、肌に負担をかけずにマッサージすることが可能ですし、スキンケアと同時に行えば、忘れず毎日の習慣にすることができますよ!

朝・晩2回! 小顔マッサージの方法とコツ

頭頂部分を気持ちよくマッサージ

頭頂部分を気持ちよくマッサージ

1. 頭頂部分に両手の指をあて、後頭部へ向かって押し流す。少し強めの圧力をかけ、痛気持ちいいぐらいの強さでマッサージ。5回程度繰り返す。

むくみのほか、額のシワ改善にも効果あり。

 


頭のコリを感じ部分は念入りに!

頭のコリを感じ部分は念入りに!

2. 側頭部分に両手の指を大きく開いたままあてる。押しながら矢印の方向に向かってマッサージしていく。ゴリゴリとした感触があれば、凝っているということなので、気持ちよいと感じる強さで念入りに5回程度繰り返す。

むくみのほか、目の疲れやクマ解消にも効果が期待できる。

 


額のシワを伸ばすイメージで!

額のシワを伸ばすイメージで!

3. 額の中心から外側に向って、両手の指を使い5回程度マッサージ。最後はこめかみをグッとプッシュするのがコツ。

むくんだ目がパッチリする効果も期待できます。

 


口角や頬の位置をグッと持ち上げる!

口角や頬の位置をグッと持ち上げる!

4. 手のひらを写真のように開き、口角のやや下をスタート地点にする。親指の腹部分を使うようにして、小鼻の脇まで頬肉を持ち上げ、そのまま頬骨の下を通って、こめかみまで流す。5~6回繰り返す。

口角や頬骨の位置が上がり、たるみ解消に効果あり。

 


フェイスラインをスッキリ!!

フェイスラインをスッキリ!!

5. 親指と人差し指の間に顎をはさみ、あごの中央から耳の後ろまで持ち上げる。余分な脂肪や老廃物をグーッと押し出すように念入りに5~10回繰り返す。

フェイスラインの引き締め&引き上げ効果が◎。

 


老廃物の流れを促進

老廃物の流れを促進

6. 親指以外の指全体を使って、耳の後ろから首筋に沿って肩の方まで老廃物を流していく。コリを感じるときは、少しずつほぐしていくように5~10回繰り返す。

肩コリ解消に効果あり!

 
「胸鎖乳突筋」は見つかりましたか?

「胸鎖乳突筋」は見つかりましたか?

7. 写真のように首を横に向けると浮き出てくる、耳の後ろから首の下に斜めに走る筋肉「胸鎖乳突筋」をマッサージ。

 

つまんで流すのがコツ!

つまんで流すのがコツ!

「胸鎖乳突筋」を両手の人差し指と中指で写真のようにつまみ、上から下に向って流すようにマッサージ。5~10回繰り返す。

リンパの流れが促進されることで、顔のむくみやたるみ解消のほか、顔色もよくなる効果あり。反対側も同様に。

 

美しいデコルテと華奢なネクックラインで小顔を引き立たせる!

美しいデコルテと華奢なネクックラインで小顔を引き立たせる!

8. 左手の指の腹を使い、右側鎖骨の下を中央から外側(肩)に向かって老廃物や余分な脂肪を身体の外に出すイメージで5~6回マッサージ。

キレイなデコルテや華奢なネックラインを作る効果あり。反対側も同様に。

更新日:2013年08月19日

(公開日:2010年01月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する