プレイステーション/プレイステーション関連情報

PS3にはなぜPS2互換機能がないのか?

いまだによく聞く質問の一つに、「PS3ではPS2のソフトが動かないんですか?」「どうして?」といったものがあります。何で、PS3ではPS2のソフトが動かないの?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初代にはあったPS2互換

実際我が家のPS3は、PS1のソフトが一番動いている。
2006年11月11日に発売された初代PS3(20GBモデル、60GBモデル)には、あらかじめ予告されていたとおりPS2、PS1との後方互換機能が搭載されていた。
しかしその後発売された普及モデル(40GBモデル、80GBモデル)にはPS2との互換機能は搭載されず、PSのみの互換が保たれていた。

もしPS2との互換機能が「あった方がいい」か「ない方がいい」かを問われれば、ほとんどのユーザーは「あった方がいい」と答えるだろう。

PS2というハードは、PSが現役ハードだった中、PSとの後方互換機能を売りにして登場した。当時は新型ハードと旧型ハードは別物として発売されるのが普通で、ファミコン、スーパーファミコン、ニンテンドー64の間に互換性はなかったし、PCエンジンもセガサターンも同様だった(過去にセガハードで後方互換を実現したものはあったが、普及していない)。

PS2が「勝ちハード」になった一因ともいえる後方互換だが、2007年11月11日にPS3の40GBモデルが発売される折、その互換機能はばっさりと排除され、その後初代モデルは発売終了となり、互換機能のあるPS3は事実上市場から姿を消した。

EE/GSは省かれる運命にあった

そもそもSCEは、PS2との互換をPS3の基本性能だけで実現しようとしていた。PS3に搭載されているCPU、GPUのみでPS2のソフトを動作させるには、PS3自体がPS2のフリをすればよい。これはPS3上で動く『PS2エミュレータ』の開発によって可能になる。

しかしおそらく、『PS2エミュレータ』の開発は困難を極めたのだろう。

PS3のローンチに間に合う目処が立たず、SCEは「PS3の中にPS2のハードウェアを入れてしまう」という方法でこれを解決した。つまり、PS2のCPU(エモーションエンジン=EE)とGPU(グラフィックシンセサイザー=GS)を入れてしまったのだ。
この方法でも100%の互換性は維持できず、PS2アーキテクチャの複雑さを印象付けた(サードパーティーにハードウェアの詳細を公開したツケとも言われる)。

初代発売当時から将来的にEE/GSは省くと公言されており、事実、40GBモデルでは非搭載となった。ここでも『PS2エミュレータ』は登場せず、SCEは「PS2互換は無しで行く」と宣言したのである。

なぜEE/GSは省かれたのだろうか?

更新日:2009年08月18日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する