野球/野球関連情報

女子プロ野球選手は誕生するか?

徐々に増えつつある女子野球選手がたびたび話題になる。では果たして漫画『野球狂の詩』に登場する、水原勇気のような女子プロ野球選手が誕生する可能性はあるのだろうか?

執筆者:コモエスタ 坂本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野球における対比


これまで見てきたデータから、例えば野球の投手における球速なども、おそらくは女性投手のそれは男性投手の80%~90%に収束すると考えられる。

前記の走力の記録では、女性は男性の90%を上回っているが、同一レベルの用具などで同一の荷重(ボール)を投げる・打って飛ばすなどの筋力+瞬発力(遅筋+速筋)を考えれば、むしろ90%に満たない程度をMAXと考える方がいいだろう。

現実には、投手の最速可能記録は、男性が時速160キロ程度、女性投手が140キロ程度と言われている。これで考えると、男女比は約88%であり、肯けるところだ。

以前、東京六大学野球で二人の女性投手(小林千紘・明大、竹本恵・東大)が登板し、話題になったが、小林投手は高校の頃に130キロ台を計測したが、大学当時には110~120キロ台、竹本投手は左腕アンダースローの変則派で球速は100キロ台だったという話だ。

女子選手がプロに混じると…


ここで最初の命題に戻ろう。「女子選手はプロ野球で通用するか」ということである。女子の一流選手がプロに混じってプレーする場合を投手の例で考えてみよう。

他競技で活躍する世界的アスリート--例えばビーナス・ウィリアムスやマリア・シャラポワなどの体躯に恵まれた選手を想像してもらっていい--が幼少の頃から野球のトレーニングに励み、本格派の投手として育ったとしても、その球速はおそらく時速140キロに達するかどうかである。

オーバースローで最大限の力を発揮しても時速140キロとすれば、現在のプロ野球ではおそらく「打ちごろ」の投手となってしまうだろう。

また、男子の野球には一世紀超の歴史がある。女子の一流アスリートは、野球ではなく他のスポーツ--おそらくはバレーボール、バスケットボール、またはソフトボールなど--に行ってしまうだろう。女子野球のすそ野を広げ、そうとうに練達したトレーニング方法を確立しないと、精鋭の揃う男子選手の中では通用しないだろう。

【結論と女子野球のこれから】→

更新日:2007年02月13日

この記事を読んで良かったですか?

良かった

0

この記事を共有する