LAN・無線LAN・Wi-Fi/LAN機器を選ぶ前に

LANケーブルの種類と選び方

ネットワークを組むには、LANケーブルやハブが必要です。ですが、LANケーブルにも種類があることをご存知でしたでしょうか。今回はLANケーブルの種類とその選び方について、ご説明いたします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LANケーブルの種類や選び方を間違えるとつながらなくなったりするので気をつけましょう

LANケーブルの種類や選び方を間違えるとつながらなくなったりするので気をつけましょう

はじめに

ネットワークを組むには、LANケーブルやハブおよびルーターなどが必要です。今回はLANケーブルの種類とその選び方について、ご説明します。ルータの選び方は「ルータ選びのポイントと注意点」をご覧ください。

 

LANケーブルはストレートケーブルとクロスケーブルの2種類

ネットワークを組むには、LANケーブルが必要です。無線LANを組むにしても1台は有線で接続した方が設定の際に便利なので、LANケーブルは用意した方がよいでしょう。

LANケーブルには、クロスケーブルとストレートケーブルの2種類があります。ストレートケーブルはコンピュータとハブなどをつなぐときに使います。

クロスケーブルは、主に2台のコンピュータをケーブルだけで直結する際に利用します。かつては、ハブ同士など機器の接続に利用されましたが、最近のネットワーク機器にはAUTO MDI/MDIX機能が装備されているので、ストレートケーブルが利用できるようになっています。したがって、一般の方がクロスケーブルを必要とすることはほとんど無いといっていいでしょう。

筆者は一応、クロスケーブルを持っていますが、2台のコンピュータをケーブル接続する時以外にはあまり使いません。

LANケーブルの「カテゴリ」に注意

LANケーブルは、「カテゴリ」という規格が分かれています。お手持ちの機器に合わせて選ぶ必要があります。

とは言うものの、基本的にはカテゴリ5e以上のストレートケーブルを用意すれば、ほぼ問題ないでしょう。カテゴリ5eのeは、「enhanced」の略でカテゴリ5というケーブルより特性が優れていることを示しています。製品によっては、「エンハンスド カテゴリ5」と表示してある場合もありますが、同じものです。

このほかに、カテゴリ6やカテゴリ6aおよびカテゴリー7のケーブルがありますが、こちらでももちろん結構です。価格は少々高くなりますが、通信速度などスペックはカテゴリ5eより上となります。とはいっても、1Gbpsに対応したギガベースの機器(1000BASE)であってもカテゴリ5eのケーブルが使えるので無理にカテゴリ6のケーブルを使う必要はないでしょう。

なおカテゴリが分からない場合は、LANケーブルに印字されているはずなので確認してみてください。

ケーブルの表示に注目undefinedCATとはカテゴリーの略。eはエンハンスド(優れているという意味)の略

LANケーブルの印字例。これは「カテゴリ5e」のケーブル。CATとはカテゴリの略。eはエンハンスド(優れているという意味)の略


この記事を読んで良かったですか?

良かった

27

更新日:2015年06月30日

(公開日:2004年11月01日)

あわせて読みたい