バルセロナ/バルセロナのグルメ・レストラン・バル

バルセロナのスペイン料理レストラン

人口に対する飲食店に数が異様に多いバルセロナ。犬も歩けばバルやレストランに当たる!と言っても過言ではないほど……。短い滞在中、失敗しないでおいしい店で食べるには下調べが必須です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナのレストラン

こんなエレガントなテーブル席のあるレストランもあれば立ち飲みバルもある

こんなエレガントなテーブル席のあるレストランもあれば立ち飲みバルもある

バルセロナで食事をとる際に気をつけたいのはオープン時間。大抵のレストランは昼は13時、夜は20時が開店時間と日本に比べ少し遅めのスタート。

服装に関しては、ミシュランクラスのレストランでもドレスやスーツなどを着なくても、きれいめカジュアルで十分。一点気をつけたいのは宿泊先のホテルのレストランへ行く場合です。いくら、食べたらすぐ部屋で寝るつもりでも、部屋着のままレストランへ行くことだけは避けましょう。入店を断られることもあります。

バルセロナのレストラン2 ペティ・コミテ

カタルーニャ州の伝統料理干し鱈のサラダ、エスケイシャーダ

カタルーニャ州の伝統料理干し鱈のサラダ、エスケイシャーダ

「ペティ・コミテ」は、ミシュラン1つ星レストラン「ドロルマ」のシェフ、フェルミ・プッジ氏のセカンドラインの店。いわゆる、伝統的な家で、客人を招いたときに出されるような豪華家庭料理がコンセプト。そんな飾りっ気はないけれど……、でもしっかり手の込んだ料理とは裏腹に、店の雰囲気は超モダン! 流行のオープンキッチン、ドリンクを保存・サービスするテーブルを囲むようなカウンター席に中庭風のテラス席、禁煙席だけでなく喫煙席だってあります。

バルセロナのスペイン料理店では初の、箱詰めのランチテイクアウトサービスも実施中。さらに旅行者にとって嬉しいのは、13時から深夜1時までお店が通しでオープンしているということ。18~20時は現地の人が食べる時間帯ではないので客数は多くありませんが、ちゃんとオープンしているので恐れず(!?)入ってみてください。21時半ごろから込みだす人気の店です。

<DATA>
■Peti Comité
住所:Passatge de la concepció 13
TEL:+34 93 550 0620+34 93 550 0620
営業時間:13:00~1:00
アクセス:L3 L5 Diagonal 徒歩5分


バルセロナの庶民的なレストラン3 マリナ・モンチョス

海を目の前に食べる魚貝パエリャは最高

海を目の前に食べる魚貝パエリャは最高

バルセロナといえば青い空、太陽、海! 海岸を眺めながらカバで乾杯し、魚介類を堪能するならマリナ・モンチョスへ。ホテルアーツやカジノも近くにある、バルセロナで最もメジャーなビア・オリンピカのビーチ前に位置しています。店は2階建てで、テラスも1、2階両方にある大規模なお店。地元の人だけでなく観光客も多く訪れるので、英語も通じやすいと言えます。魚貝のパエリアや蒸したムール貝がおすすめ。

<DATA>
■Marina Monchos
住所:Calle de la Marina 19-21
TEL:+34 93 221 1514+34 93 221 1514
営業時間:12:00~1:00
アクセス:L4 Via Olimpica 徒歩8分

バルセロナの庶民的なレストラン4 シャティバ

家庭的な米料理の種類が豊富なシャティバ

家庭的な米料理の種類が豊富なシャティバ

スペイン料理といえばパエリア。シャティバのオーナーは、米の産地バレンシア出身ということだけあり、米料理がメインです。系列のお店をバルセロナ市内に数店舗構えますが、おすすめは庶民的で歴史ある地区、グラシア店。ここに来れば、「えー、スペインのご飯ものってパエリアだけじゃなかったんだ!」とびっくりするはず。なんと全28種もの米料理が揃んです。ガイドのおすすめは、アロス・カルドソ・デル・セリョレ。あらかじめ貝や海老の殻が剥いてあるので面倒くさがりな私にぴったり。

<DATA>
■Xátiva
住所:Torrent d´en vidalet 26
TEL:+34 93 284 8502+34 93 284 8502
営業時間:13:00~16:00 20:00~24:00 日曜祝日夜、火曜休み
アクセス:L4 Joanic 徒歩7分

バルセロナに来たからには行って欲しいバル情報はこちら>>>バルセロナのバル

更新日:2014年12月15日

(公開日:2009年11月20日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する