赤ちゃんの温泉はいつからOK?温泉デビューを成功させるコツ

赤ちゃん・乳幼児はいつから温泉に入れる?

赤ちゃん・乳幼児はいつから温泉に入れる?

赤ちゃんや乳幼児と一緒の旅行では、アクティブに動くにはどうしても行動範囲に制限があるため、逆にはずせないと考えられるのが皆がリラックスできる「温泉」。

赤ちゃんや乳幼児はいつから温泉に入れるのでしょう?温泉デビューを計画中のママやパパが知っておきたい、成功する入れ方のコツや注意点を紹介します。


【目次】赤ちゃんの温泉はいつから?注意&マナー


【時期】赤ちゃんはいつから温泉にはいっていいか?

赤ちゃん歓迎の温泉宿も増えてきました

赤ちゃん歓迎の温泉宿も増えてきました

まず、よく聞かれるのは「赤ちゃんや乳幼児は、いつから(どの月齢から)温泉にはいっていいか?」という質問です。

これには様々な意見があるようですが、逆に「いつまでは入ってはいけない」という面から考えれば、新生児、つまり生後約1ヶ月は自宅でもベビー用バスで沐浴をする時期なので避けましょう。へその緒が取れてしっかりと乾燥していることが、まずは最低条件です。

次に、「首がすわればいいのでは?」との意見もありますが、筆者は赤ちゃんがお座りを一定時間できるようになる頃を過ぎてからの方が、大人も赤ちゃんも温泉入浴が楽しめるのではないかと思います。

赤ちゃんの初めての温泉デビューがママと二人で大浴場、というのが心配であれば、客室の風呂や貸切風呂でパパと協力しながら挑戦してみてはいかがでしょう。月齢が進んでいれば、キッズ専用風呂のついた貸切風呂のある宿を利用するのも楽しいでしょう。


【泉質】刺激の少ない温泉からスタート

赤ちゃんには、「まずは刺激の少ない温泉を選んで……」というアドバイスをよく目にします。ここで言う刺激の要素は、「泉質」と「温度」です。泉質は酸性泉のような大人でも肌にピリピリと感じるようなものは赤ちゃんにはむきません。

硫黄泉のようなにおいのきついものもどちらかというと不向きでしょう。もし他の泉質でも肌への影響などが心配ならば、風呂から上がる際にシャワーできれいに洗い流してあげてください。(※元々皮膚疾患のある赤ちゃんなどは事前に医師と要相談。)


【温度】源泉掛け流しの場合、温度の事前確認を

温泉の温度&泉質もしっかり注意して!

温泉の温度&泉質もしっかり注意して!

次に温度ですが、むしろ泉質よりもこちらの方が親泣かせです。ホームページなどには源泉温度が書かれていることは多いのですが、実際に入る湯の温度は事前に情報が得にくいのです。

「源泉掛け流し」というと大人にとっては魅力的ですが、場所によっては季節によっても大きく温度が違ったりするので、こちらも事前に問い合わせておくことをおすすめします。なお、熱いからといってホースを伸ばして浴槽に水道水を入れるなんていうのマナー違反はもってのほか。

大浴場にベビーバスを用意してくれる施設もありますので、そういったものを利用して赤ちゃんが入る湯だけはぬるめに調節するのもいいでしょう。赤ちゃんのために温泉の他に真湯の入った浴槽があるなんていう気の利いた温泉宿もあります。


【ルール確認】オムツNGや年齢制限がないか、事前チェックを

そもそも、「○歳以下の入浴を禁止」とか「オムツが取れていない乳幼児の入浴は禁止」などの制限のある温泉施設も少なくありません。行ってからガッカリ、なんてことにならないよう、ぜひ事前に確認をしていきましょう。


【脱衣所】ベビーベッドの有無を確認

ベビーベッド&サークル
ベビーベッドは脱衣所の必須アイテム。
同性の同伴者がいない場合、更衣室にベビーベッドがあるとないとでは大きな違いです。あんよがまだの赤ちゃんをかかえての着替えは難しく、しかたなくバスタオルを床に敷いて座らせたり、周囲の人が見るに見かねて手伝ったりしている様子を時々目にします。

最近では多くの温泉の脱衣所にベビーベッドが置かれるようになり、男性の脱衣所にも設置されているいるケースが増えているようです。湯上りに必要以上の汗をかかないためにも、脱衣所のベビーベッドの有無も確認しておきたいひとつですね。ただし、このベッドも敷かれているタオルをまめに替えてくれる施設はいいのですが、清潔かどうか疑わしいときもあり、そんなときのためにも、赤ちゃん連れの場合は1枚多めにタオルを持っていくと安心です(浴室に用意されているタオルを自由に使えるサービスがある温泉施設だと、こんな場面で楽ですね)。


【日帰り温泉】個室の休憩室があると便利

また、宿泊ではなく、日帰り温泉では休憩室があるとゆっくり出来るので、その有無も事前にチェックしておきたい点。特に座敷タイプであれば、湯上りに赤ちゃんが寝てしまってもゆっくり出来るし、空いていればハイハイやあんよをしても安心です。

広い休憩室で周囲の方に可愛がってもらったりするコミュニケーションも旅の楽しみのひとつですが、赤ちゃん連れの場合は授乳したりオムツ替えをすることを考えると、別料金を払っても個室の利用価値もありなのではないでしょうか。

次ページでは「赤ちゃんを温泉に入れるコツと注意点」を紹介します。