チャイルドシート/チャイルドシートの基礎知識

チャイルドシートの種類・違い

ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシート、国内メーカーのシート、海外メーカーのシート、ベスト型のものなど、種類と違いについて、くわしくご説明します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子ども用のカーシートを総称して「チャイルドシート」と呼びますが、実際の製品としては生まれてすぐから1歳頃まで使用する「新生児・乳児用ベビーシート」、およそ1~4歳で使用する「幼児用チャイルドシート」、3~4歳以降で使用する「学童用ジュニアーシート」、そしてそれらの兼用ができるシートなど、さまざまな種類があります。

ここでは、2012年施行の安全基準で定められる5段階のグループ分け(0、0+、I、II、III)をもとに、解説をしていきたいと思います。これらの5つのグループは、それぞれのグループの専用品もありますが、2つ以上のグループにまたがって使用できる兼用品もあります。その他、国内、海外製品の特徴なども以下に紹介します。


新生児・乳児用ベビーシート

1

移動時のキャリーや出先での簡易ラックにもなる便利なベビーシート(0~1歳程度)

  • グループ 0 体重0~9kg
    新生児からおよそ生後9ヶ月頃まで
  • グループ 0+ 体重0~13kg
    新生児からおよそ生後15ヶ月頃まで

ベビーシートは生まれてすぐから1歳頃まで使用できるチャイルドシートで、進行方向に対して後ろ向きで使用するのが特徴です。赤ちゃんを寝かせたまま移動できるキャリーとして、また出先で簡易ラックとしても利用できます。製品によっては、ベビーカーとドッキングできる便利なものもあります。詳しくは『新生児乳児用ベビーシート』の記事で説明します。



 

幼児用チャイルドシート

1

ベビーシートを卒業したら幼児用にチェンジ 視界も広がり子どもも喜ぶ

  • グループ I 体重 9~18kg
    およそ生後9ヶ月頃から4歳頃まで

ベビーシートを1歳前後まで使用した後を引き継ぐのがこのグループIの幼児用チャイルドシートです。進行方向前向きに取り付けして、子どもは5点式ハーネスでホールドするものが一般的です。


詳しくは『幼児用チャイルドシート』記事で説明します。

 

学童用ジュニアシート 

1

15キロ以上で使えるのがジュニアシート 車のシートベルトを直接使えるので手軽です

  • グループ II 体重15~25kg
    およそ3~4歳から6~7歳頃まで
  • グループ III 体重 22~36kg
    およそ5~6歳頃から11~12歳頃まで

幼児用のチャイルドシートと違い、車のシートベルトを直接子どもに使用するシートです。大人用のシートベルトを小さな子どもの体格に合わせるために、座面を高くして腰ベルトがきちんと骨盤にかかるようにし、肩ベルトが首にかからないようにベルトガイドで位置調整をします。腰下だけの簡便なものと、背もたれ付きで上半身もサポートするものがあります。詳しくは『学童用ジュニアシート』記事でご説明します。

更新日:2010年10月01日

(公開日:2010年08月23日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する