仕事・給与/アルバイト・パートの給与はここに注意

主婦のパート「扶養範囲内がお得」は本当?

主婦のパートを考える時に、よく言われるのが103万円や130万円の壁。この収入を超えたら本当に損をするのでしょうか? 実際に計算してみると、意外な結果になりました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦の収入と世帯収入を考えることが大切

就職
家計のことを考えると、専業主婦より仕事をして収入を増やすほうが有利。その時、自分の収入だけでなく世帯収入を考えることが大切
主婦がパートなどで働く時に気になるのが、夫の税金などの出て行くお金。世帯全体で見たときに、手取り収入がいくら増えるかということですね。パートで働いても、夫の税金が増えたら元も子もありません。では、妻の収入と世帯収入の関係を見てみましょう。

夫の年収が500万円の夫婦の例を考えてみます(子どもは中学生以下が2人。ただし、子どもがいない場合も税金は同額です)。この時、夫が支払っている税金は32万円(所得税10万7500円、住民税21万2500円)。この税金が、妻の収入でどのように変わるのでしょうか?(税金の計算は一例です。諸条件により税額は変わりますのでご注意ください)

妻の年収100万円まで:全額、世帯収入アップ

まずは、妻が得た給与が全額、収入アップとなる年収を見ておきましょう。これはずばり「年収100万円」です。年収100万円を超えると住民税を、103万円を超えたら所得税を支払う必要があります。ですので、年収100万円までに抑えると、世帯収入が全額アップとなります。

ただし、103万円までだと住民税を多少払っても、あまり影響はでません。課税される住民税は数千円程度。そんなに気にすることはありませんね。

 ~ 試算結果1: 妻の年収が100万円の場合 ~
⇒世帯収入が100万円増


妻の年収103万円~130万円:税金が増えても負担は軽い

次に、年収103万円を超えた時を考えてみます。103万円を超えると、夫の税金、妻の税金と2種類の税金が増えることになります。

夫の税金を見てみましょう。妻が年収103万円を超えるので配偶者控除は受けられなくなりますが、妻の年収が141万円までだと配偶者特別控除が受けられることになります。いきなり控除額がゼロになるというわけではありません。

また、妻自身の税金の負担も出てきます。所得税と住民税を払うことになりますが、年収に応じて税額が決まりますので、いきなりウン十万円もかかるわけではありません。

モデル家族で、妻の年収が120万円だとすると、夫の税金は34万9000円(所得税12万4500円、住民税22万4500円)。2万9000円の増額になっています。

また、妻自身の税金は2万8000円(所得税8500円、住民税1万9500円)。あわせて5万7000円の負担増となりました。収入が増えた割には、負担はまだそんなに高くはありませんね。夫婦の税負担増はあわせて5万7000円。妻の収入が120万円でしたから、世帯収入は114万3000円アップとなります。

~ 試算結果2: 妻の年収が120万円の場合 ~
⇒世帯収入が114万3000円増(税負担5万7000円増)


社会保険料の負担がかかる年収130万円以上を、次のページで見てみましょう。

更新日:2013年06月20日

(公開日:2007年09月06日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    268

    この記事を共有する