預金・貯金/定期預金・ネット定期の活用術

高金利の定期預金を見分ける3つのヒント

定期預金などの預け先を選ぶ際、金利の高さを基準にする人も多いでしょう。しかし、金利の数字を見ただけでは、本当にそれが高金利かを判断するのは難しいものです。見た目の数字に惑わされず、本当にお得な定期預金かを見分ける3つのヒントを紹介します。

この記事の担当ガイド

自らの投資体験を元に、初心者目線で語るファイナンシャルプランナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高金利の定期に預け入れるときのチェックポイントは?

みなさんは、何を基準に預金をする商品を決めていますか?

低金利の状況が長く続き、低金利が当たり前の世の中になってきました。だからこそ、少しでも高い金利の商品を探す人は多いでしょう。

しかし、金利の考え方を理解していないと、思わぬ落とし穴に陥ることがあります。高金利の定期預金を見分ける3つのヒントを、例に沿って解説していきます。

ヒント1:金利がどれくらいか

銀行の特別金利キャンペーンの広告イメージ

銀行の特別金利キャンペーンの広告イメージ

上は、定期預金キャンペーンの広告の例です。キャンペーンの金利は「年0.5%」とあります。今は普通預金金利が0.02%くらいですから、25倍とかなりの高金利だといえます。単純に考えれば、この金利で100万円を預けたら、1年で100万円5000円(100万円×100.5%)に増えることになります。

ヒント2:預入期間がどれくらいか

ただし、ここで注意が必要です。上の広告の中に、「3カ月物」という表記がありますね。この定期預金の預入期間は3カ月です。3カ月後にこの定期預金は満期を迎える、という言い方もできます。

金利が「年0.5%」とありますが、これはあくまで「1年間預けた場合の金利が0.5%」ということ。お金を預けて3カ月後に0.5%分の利子を得られるわけではありません。実際に受け取れるのは3カ月分=1年分の4分の1、つまり0.5%÷4=0.125%分の利子です。

したがって、この定期預金に100万円を預けた場合、3カ月後の受取額は100万1250円です(100万円×100.125%)。

預入期間を確認せず、金利の高さだけで判断して預けてしまうと、満期時の受取額を見てガッカリしてしまうかもしれません。キャンペーン金利の対象となるのはたいてい1年物が多いようですが、中には上の広告のようなケースもありますので、注意しましょう。

ヒント3:キャンペーン終了後の取り扱い

上の広告をよく見てください。一番下に、「特別金利は初回お預入時のみ適用。ご継続後は通常金利を適用」とあります(実際はもっと小さい字で記載されていることが多いです)。これは、3カ月間のキャンペーン金利が終了した4カ月目からは、通常の金利に戻るということです。つまり、解約しない限り、通常の低い定期預金金利が適用されることになります。

冒頭の広告を見た時点では、多くの人が「0.5%」を高金利だと思ったでしょう。しかし実際は、「預入期間は3カ月で、受け取れる利子は0.125%分。4カ月目以降は通常の低金利に戻る」という情報が盛り込まれていたのです。

金利の数字だけを見て高金利だと飛びついたら、実は他の金融機関の商品のほうが高金利だった、ということもあるかもしれません。お金の預け先を検討する時には、ぜひこの3つのヒントを活用してくださいね。

※金利や受取額はすべて税引き前

【関連記事】
夏の定期預金キャンペーン金利は普通預金の15倍超
押さえておきたい定期預金の基本
自動積立定期預金で確実に貯める!おすすめ銀行4

更新日:2013年07月12日

(公開日:2005年11月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する