学費・教育費/進学コース別・教育費の設計方法

私立高校の授業料を軽減する授業料軽減助成

私立高校も2010年より国の高等学校等就学支援金が導入されましたが、一定の年収の世帯に対しては、さらに自治体から助成を受けられます。進学が決まったお子さんや、私立高校を検討されている方はぜひ押さえておきましょう。

この記事の担当ガイド

家計の永続性と子どもにかけるお金のバランスをアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私立高校も2010年より国の高等学校等就学支援金が導入されましたが、一定の年収の世帯に対しては、さらに自治体から助成を受けられます。進学が決まったお子さんや、私立高校を検討されている方はぜひ押さえておきましょう。


2010年より国の高等学校等就学支援金がスタート

家庭の状況にかかわらず、全ての意志ある高校生等が安心して勉学に打ち込めるようにするため、2010年4月より、国の費用により、公立高校の授業料無償化とともに、国立・私立高校等の生徒の授業料に充てる高等学校等就学支援金が創設されました。

支給されるのは、所得や年齢による制限はなく、対象となる学校に在学する生徒に対して月額9,900円(年額118,800円)。これは、公立高校生が負担軽減される額と同額です。

ただし、保護者の所得に応じて一定額加算(1.5倍または2倍)されます。
・年収250万円未満程度の世帯  月額9,900円(年額118,800円)加算
・年収250万円~350万円未満程度の世帯 月額4,950円(年額59,400円)加算
(注:所得は目安。実際には世帯構成を考慮したものとなっています)


授業料軽減助成とは?

私立高校の助成金。多少でも助かります!
「高等学校等就学支援金」が導入される以前より、私学には、「私立学校振興助成法」にもとづく授業料の助成がありました。

国の制度は私学の授業料で見ると一部に過ぎず、差額は個人の負担になっています。

一定の所得以下の世帯には、自治体が独自の助成を行っていて、負担を軽減するしくみがあります。

こうした私学への助成は、私立であっても「公教育である」というとらえ方から行われているものです。

更新日:2011年04月17日

(公開日:2008年02月29日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する