医療保険/医療費控除について学ぼう

医療費控除の対象になるの?ならないの?

1年間に医療費を沢山支払った人は、医療費控除に関する確定申告をすることで所得控除できる可能性があります。納める税金を減らせるチャンスを逃さず活用しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療費控除になるの?ならないの?<Q&A>

娘の治療費も医療費控除の対象になる

娘の治療費も医療費控除の対象になる

■Q. 自分(夫)の妻や子どもに使った医療費も、自分の医療費控除の対象になるの?

A. 自分と生計を一にしている妻や子どものために支払った医療費は、控除の対象となります。この場合、生計を一にしていれば、妻や子ども以外の親族のために支払った医療費でもOKです。自分だけでは大した額でなくても、家族の医療費を合計すると何十万円、なんてこともあり得ます。

■Q. 控除対象の医療費が8万円しかないなら、所得税は還付されない?

A. 医療費控除の計算では最後に10万円を引くので、医療費が10万円を超えないと話にならないと思いがちですが、所得が200万円未満の人は、その5%を超えた部分が対象になります。たとえば所得150万円なら、150万円×5%=7.5万円を超えていれば所得控除を受けることができます。

■Q. 手術の際、医師へ払った謝礼金は医療費控除の対象になる?

A. 治療費は当然対象になりますが、謝礼はダメです。仮に対象になったとしても領収書がないでしょうから、申告の時に証明することも難しいです。

■Q. 仕事で疲れが溜まっていて体調を崩しそうだったので、予防のためにビタミン剤を買ったのだが、医療費控除の対象になる?

A. 風邪を引いて治療のために買った風邪薬であれば、市販のものでも医療費控除の対象になります。しかし、風邪の予防を目的としたビタミン剤等は対象外になります。予防や健康増進は対象外ということです。

■Q. 治療目的で柔道整復師に施術してもらったけれど、医療費控除の対象になるの?

A. 治療を目的としているならば対象になります。しかし、治療に直接関係なく、癒されるためや体調を整えるために行ったなら、対象にはなりません。

■Q. 保険金等で補てんされる額を支払った医療費から差し引くことになっているけれど、給付金を受け取るのが翌年になってしまう場合は、給付金を受け取った上で翌年に申告をすればよい?

A. いいえ、翌年ではなくその年(医療費を支払った年)の確定申告で申告します。確定申告までに受け取っていない場合や、給付金額すら確定していない場合でも、受け取る見込みの額に基づいて計算する必要があります。その後、計算した時の額が違っていた場合は、医療費控除額を訂正してください。

続きはコチラ

更新日:2014年01月14日

(公開日:2008年01月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    25

    この記事を共有する