キレイな字は好印象  一生ものの美文字を手に入れる方法

自筆の字を見かけることが少なくなりましたが、手紙やメッセージカードなど、時々手書きのものをもらうと、とても嬉しいものです。書かれた字がキレイだと、さらに印象もアップ! 今回はそんな美しい文字を手に入れる方法を、恋愛・おけいこガイドの山口さんに伺いました。

提供:株式会社オールアバウト

お話をうかがった方

山口佐知子

All About 恋愛・おけいこ ガイド:山口佐知子

出版社勤務後、フリーライター&エディターに。2008年よりAll About『おけいこ』ガイドをつとめ、「お料理合コン」「婚活レッスンBest5」など、恋愛やモテに絡めた習い事を紹介した記事が人気になる。その勢いに乗って、2010年8月からは『恋愛』ガイドも兼任。「恋愛」と「おけいこ」のトレンドセッターとして定評アリ。

自筆の字を見る機会が減った今、キレイな字が与える相手への印象とは?

 

ご祝儀やお祝いなどはキレイな字で用意し、堂々としていたいもの

EメールやSNS、パソコンからプリントアウトされた文章など、最近はコミュニケーションの中で自筆の字を見ることが減りました。だからこそ、時々目にする自筆の字はかえって注目が集まります。

山口さん(以下敬称略)「キレイな字は品位や教養はもちろんのこと、丁寧さや礼儀正しさと言った社会的な好印象を相手に与えることができます。また、自分の字に自信があれば、冠婚葬祭の受付時など人前で字を書くシーンや、祝儀・不祝儀袋を渡す際にも堂々としていられるため、さらに『きちんとした人』という印象をもってもらいやすくなるのです」

異性への印象もGood!?上品さを感じさせるキレイな字

 

職場でも一目置かれる「手堅い女子力」

山口さんによると、字のキレイさは異性に与える印象も良いそうです。

山口さん「たとえば、ものすごく美人で仕事もデキる女性なのに、子どもっぽくて汚い字を書くことがわかった途端、『あれ? なんだかちょっとイメージが違うかも』と、残念な感じがするものです。その反対に、自分からわざわざアピールするような積極的なタイプではなかったとしても、ちょっとしたところに書く字がズバ抜けて美しかったりした場合、『あれ? この子って意外と教養があるかも。それに清潔感も感じる。もしかしてもっと素敵な一面を持っているのでは?』と意外性がプラスの方向に働くケースが多いのです」

さらに、字のキレイさがきっかけとなって、恋愛に発展したケースもあるのだとか!

山口「コピーを頼まれた資料に書き込んでいた手書きの文字が読みやすくてほめられたことがきっかけで、先輩男性と付き合うことになった人の話を聞いたことがあります。文字をキレイに書けるというスキルは、大勢の前で華麗に披露するような派手さはないものの、さりげなく手堅く相手の心をつかむことができる、一種の“女子力”といってもいいかもしれません。発表会やイベントといった特別な場でなくても、日常生活のなかでさりげなく魅せることができる美文字は、シーンを選ばず実力を発揮できる心強い武器といえるでしょう」

手紙やメモ…差が出る場面でさりげなく威力を発揮する美文字

 

メールで済ませるような内容も、一筆書いてみては?

美文字をさりげなくアピールする場面は日常の中にたくさんあります。

山口「たとえば、オフィスでの電話メモ。心を込めて丁寧に書けば、相手の心に残るものになります。忙しいなか面倒な作業ということがわかっているだけに、より感激してもらえるのです。特に気になる男性には飲み会のお礼など、普段はメールですませるようなことも一筆箋や気の利いたデザインの付箋に書いてさりげなく渡してみては? また、打ち合わせや会議の際、資料だけに頼らず、ホワイトボードに美しい手書きの文字で補足をすると『デキるオンナ』を演出することができます。なにごともスマートフォンやパソコンといったデジタルデバイスで済ませることができる時代、あえて綺麗な文字を手書きで書く人はとても貴重だし、好印象を与えるものです」

自分の字に自信がない…と言う人は、まずは丁寧に書くことを心がけて!と山口さんは言います。

山口「字がキレイな人に共通している特徴として、カタチがキレイというだけでなく、『字を丁寧に書いている』ということが言えると思います。キレイに書こうとすると、自然と一文字ずつ時間をかけてじっくり書くことになるからです。それが心の余裕や丁寧な性格をもっている人ではないかという印象につながる部分も大きいのではないでしょうか」

1日20分、8日間で効果を実感! 無理なく始められるユーキャンのボールペン字講座

 

ノウハウの詰まったテキスト

さらに、文字は練習次第で上達させることができます。ユーキャンのボールペン字講座なら、1日20分の練習でOK。多くの人が8日間程度で自分の字の変化を感じることが多いといいます!

山口「以前、字のキレイな女性に対するイメージを調査したことがあるのですが、予想以上の好印象の回答の連続に、意外と男性は女性の書く文字を見る機会があるのだなと驚きました。『女性たるもの、字は綺麗であるに越したことはない』としみじみ実感しましたね」

練習の効果を発揮できる場面があるからこそ、練習にも身が入るというもの。あなたもぜひ、一生ものの美文字を手に入れてみませんか?