バンコクには、東京と同じくらい女性同士やカップルで楽しめる夜遊びスポットが充実しています。1人でタクシーには乗らない、人通りの少ない道を歩かないなど最低限のことに気をつけていれば、比較的安全に夜遊びを楽しめる街なのです。ホテルのバーなど外国人観光客向けのスポットもたくさんありますが、流行に敏感なバンコクっ子や観光スポット的場所では物足りないバンコク在住外国人たちに人気のスポットをご紹介します。

眠らない通りスクンビット・ナナ駅周辺

数ある夜遊びスポットの中でも、アクセス抜群のエリアといえばBTSスクンビット線ナナ駅周辺。男性だけが遊びに出掛ける歓楽街スポットとして知られているBTSナナ駅周辺ですが、実は地元では、ヒップなバーやクラブが通り沿いだけでなく、ソイと呼ばれる小路にも並んでいることで知られているエリアでもあるのです。もともとアクセスがいいため、人が集まりやすいエリアだったのですが、ここ数年夜遊びスポットもこのソイに集中するようになりました。

エキゾチックな雰囲気でまったり水タバコも堪能できる『Gazebo(ガゼボ)』

のんびりおしゃべりを楽しみながら夜を楽しむには水たばこがぴったり
最近、東京の夜遊びスポットでも時々耳にするようになった水タバコ(シーシャ)も楽しめる中東スタイルのバー。スクンビットにも水タバコも堪能できるモロッコ・スタイルのクラブGazebo(ガゼボ)がオープンしました。

もともとこのエリアには水タバコも置いてある中近東系のレストランやショップが多かったのですが、かなりローカル度が高く外国人には足を運びづらい雰囲気でした。しかしここガゼボは、オーナーがアメリカ人ということもあり、バンコク在住外国人や旅行者たちも気軽に訪れることができる、お洒落な雰囲気となっています。

エキゾチックなモロッコスタイルのインテリアが施されたクラブ・エリア
場所はスクンビット・ソイ1の入り口のすぐ近くのビルの屋上。かなり小さい入り口から細い通路を抜けてエレベーターホールへと向かうのですが、ビルの一部がまだ工事中のため、入り口も見つけづらくなっているので見落とさないでくださいね。屋上へ上がるエレベーターの中からすでにただよってくる水タバコのあまい香りが、いったいどんな雰囲気のクラブなのかと期待を膨らませてくれます。

エレベーターを降りて、右手側はオープンエアスペースになっているレストラン&バー。軽いディナーとお酒がライブを聴きながら楽しめるようになっています。レストランエリアの目の前にBTS駅があるため、電車が行き交う様子も眺められ大都会バンコクの空気を思い切り感じることができますよ。

そして左手側には幻想的なモロッコ・スタイルのクラブ・スペースが広がっています。エジプト直輸入の高品質な水たばこは350バーツ(約1120円)から楽しむことができ、フレーバーもアップル、グレープ、ストロベリーと充実しています。オーナーのベンジャミン氏のオススメはグレープ。水タバコ初心者向けだそうです。

深夜から人も増え、レストランで食事を終えたゲスト達がエキゾチックな雰囲気の中、HIPHOPやエレクトロ系の音楽それぞれの夜を楽しんでいます。もちろんレストランだけの利用も可能なので、是非ディナースポットの候補リストにも入れてみてはいかがでしょうか?

<DATA>
■GAZEBO(ガゼボ)
・住所: 29 Sukhumvit Soi1, Klongtoey Nua,Bangkok
・電話番号:02-655-2375-6
・営業時間:18:00-03:00
・交通: BTSナナ駅から
※水タバコ(シーシャ)350バーツ(約1120円)
※カクテル 230バーツ~(約936円)

次のページでは行けば必ず楽しめる老舗ナイトスポットをご紹介します。