ノークレームノーリターンとは(NCNRとは)

ノークレームノーリターンとは
ノークレームノーリターンとは

ノークレームノーリターンは、NCNRと略されることがあります。

「クレームもなし、返品もなし」
「苦情や返品は受け付けません」

という意味で、商品説明に記載されます。

返品はどんな場合も不可なの?

法律上(民法上の解釈として)は、おおむね「商品に詳しい説明がない場合は、この特約は無効になり返品が可能になる」ということですが、これは訴えた場合なので、実際は交渉次第となってしまいます。

つまりこちらが求めても、相手がなかなか返品に応じてくれなかったり、返金をしてくれないことがあります。

NCNRを巡るトラブル

●落札者の立場から

  • あきらかに写真と違う商品が届いた。
  • 相手が返品に応じない。
  • 返品に応じてくれたので返品したら、返金されない。
  • 評価で「非常に悪い」をつけられた。

などがあります。評価だけでなくコメントでもひどいことを書かれた、などもあります。

●出品者の立場から(ノークレームノーリターン or NCNRって書いたのに)

  • サイズが合わないから返品と言われた。
  • 写真にも載せていたのに傷があるから返金と言われた。
  • 返品時の送料まで負担させられた。
  • 返金したけど返品されない。

などもあります。

なんでノークレームノーリターンなんて書くの?

出品者の防衛の一つとして「ノークレームノーリターン」を書くことがあります。以前、取引でトラブルになってしまった場合の自己防衛です。

●出品者にも落札者にもいろんな人がいます。

考え方もそれぞれです。

  • 写真とちょっと色が違った。
  • 傷があった。
  • サイズが合わなかった。
  • よく考えたら必要なかった。
  • 同じようなものを他に落札してしまった。

などから、返品と言われることもあります。「せっかく梱包して送ったのに、返品と言われてしまってガッカリしてしまった」ということから「お願い!返品って言わないで」「それくらいの覚悟で入札してね」という意味を、ノークレームノーリターンに含めて記載することもあります。

●よくわからないので

出品する商品に関しての知識があまりない時、ちょっと不安を抱きながら出品することがあります。「書いてある説明の範囲で、解釈して入札してね」ということになるのですが、そのような時に「これ以上聞かれてもわからないので」という意味で、ノークレームノーリターンと書くこともあります。

ノークレームノーリターンの商品には入札しないほうがいい?

心配な場合、このノークレームノーリターン(NCNR)の商品には入札をしないほうが無難です。返品などについてトラブルになる可能性があるからです。

ただ、私もノークレームノーリターンの商品に入札することがあります。その時の判断基準は

  1. いままでの評価および評価コメントはよいか。
  2. 出品履歴(評価からたどる)で今まで似たようなものを出品しているか。
  3. 安いかどうか。

ノークレームノーリターンと、わざわざ書いてある商品には、多少リスクを感じるので、3番の「安いかどうか」は私にとっては、重要な指標です。同じようなものが同じような値段であったら、間違いなく、ノークレームノーリターンと書いていないほうに入札をします。

あと、習慣的に(自己防衛で)いつもノークレームノーリターンと書いている人もいます。そのあたりは評価や評価コメントで、対処の様子などを見て判断・入札しましょう。

ノークレームノーリターンの商品を返品したことあります

以前、ノークレームノーリターンの商品を落札し、配送してもらったところ、破損している商品がありました。一応、出品者にご連絡してみたところ、新しい商品を送ってくれました(個人の出品者でしたが)。その後、出品者は宅配業者にも連絡をとり、保険適用されたそうです。

結局は、私と出品者の間では、大きなトラブルなく取引を終えることができましたが、ノークレームノーリターンと書いてあるがために、ちょっと迷ったり、ドキドキする取引になったことが記憶に残っています。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。