次点繰り上げとは

次点繰り上げってなに?
落札できなかったはずなのに、ヤフオクから連絡がっ!
複数の入札者がいる場合、一番高い金額を入札して落札者となった人が、購入(取引)を辞退した場合には、次点の入札者を繰り上げて、落札者とすることができます。この次点の入札者を「補欠落札者」ともいいます。

作業としては出品者が落札の取り消しをおこない、その後、補欠落札者を繰り上げをします。この手続きは出品者のみがおこないますが、落札者からの一方的な辞退の申し出があった場合や、商品に何らかのトラブルがあり、出品者都合で取り消す場合があります。

落札者の取り消しだけして、次点の入札者を繰り上げないと、出品者に「悪い」評価がつくことになるので、特に

落札者都合での取り消しをする場合は、繰り上げ忘れることのないようにしましょう。

繰り上げ手続き

繰り上げ手続き
42日以内に削除、繰り上げしましょう。

Dさんが3,100円で落札!やったね!と思ったら、Dさんから購入辞退の連絡がありました。 さてこの場合の手続きとしては、

落札者都合の削除
次点入札者を繰り上げましょう。

削除後補欠を繰り上げる
次点入札者の繰り上げ。
  • Dさんを「落札者都合の削除」をする
  • 削除後補欠を繰り上げる
この二つを同時にします。出品者都合にすると、出品者つまりあなたに「非常に悪い」の評価がヤフオクのシステム(auction_master)から自動的につけられてしまうので、注意しましょう。相手の一方的なキャンセルなどで、こちらに非がない場合は、落札者都合での削除とします。