家計簿・家計管理

借金300万円から貯金600万円達成!節約主婦・ののこさんのスーパー節約術

食品や日用品の値上げが、避けられない状況になりつつある今。「もうこれ以上、家計を切り詰めるのは限界……」という声も聞こえてきます。そこで今回は、借金300万円から貯金600万円を達成し、独自の節約術がSNSで大人気。現在SNSのフォロワー数は30万人超えのカリスマ主婦・ののこさんに、ご自身が実践している“スーパー節約術”を教えていただきました。

執筆者:All About 編集部

  • Comment Page Icon
食品や日用品の値上げが続くなか、「もうこれ以上、家計を切り詰めるのは限界……」という声も聞こえてきます。そこで今回は、独自の節約術がSNSで大人気のカリスマ主婦・ののこさんに、今だからこそおすすめしたい“スーパー節約術”について、教えていただきました。
 

「食費も節約できて時短にもなる」ののこ式スーパー節約術

――物価の高騰が続いていますが、ののこさんは家計をやりくりするために、どのような工夫をされていますか?

ののこさん:家族4人で食費を月3万円くらいに抑えるために、いろいろ工夫をしています。その中でも、食費節約のために実践しているのが“下味冷凍”です。作り置きと一緒に作り、常に数品を冷凍庫にストックしています。私はこれを「冷凍貯金」と呼んでいます(笑)。
下味冷凍

下味冷凍は常に2~3品をストック!

 

■買い物は週1回、作り置き+下味冷凍で年間食費5万円減
また、買い物は週に何度も行くと余計な物を買ってしまったりするので、週1回と決めています。まとめ買いをした食材で、作り置きや下味冷凍を作っておいた方が、無駄な出費が減ります。我が家の場合、食費が年間で5万円くらい減りました。

お肉などは小さいパックを買うより、大きいパックを買った方が、グラム当たりの金額が安かったりします。そのまま冷凍するだけでもいいのですが、小分けにして下味を付けておけば、味もなじんでおいしくなります。
下味冷凍の作り方

肉や魚、カットした野菜をチャック付きポリ袋に入れ、下味用の調味料を入れてよく揉み込む

 

■冷凍貯金があると外食よりも内食志向に!
冷凍貯金をするようになってから、外食の回数も減りました。例えば、土日に出かけていると、ついでにご飯も食べて帰りたくなりますよね。でも、土日の飲食店はどこも混んでいて、並んでいたりしませんか。そうすると最近は「うちにご飯(ストック)があるし、お店で食べるよりも早いよね。じゃあ、家に帰ってご飯を食べよう」となるんです(笑)。
冷凍貯金をするメリット

冷凍貯金があることで外食も減り、普段のご飯作りも時短に!


■下味冷凍で時短+光熱費の節約にも
あと、作り置きや冷凍貯金があると、平日がすごく楽なんです。仕事から帰ってきて、作り置きを温めている間に、解凍しておいた下味冷凍の肉や魚を炒めたり、焼いたりするだけなので、晩ご飯の準備は10分ぐらいです。調理時間が短縮できるので、光熱費の節約にもつながっていると思います。
フライパン用ホイル

事前に解凍しておいた下味冷凍をフライパンで炒めるだけで完成。フライパン用ホイルを使えば、後片付けも楽チン


――節約にも時短にもなる下味冷凍。時間のあるときに、まとめて“冷凍貯金”を作っておくとよさそうですね。また動画では、ののこさんがおすすめする下味冷凍「絶品プルコギ」の作り方を紹介しています。こちらも併せてご覧ください!
 

教えてくれたのは……節約アドバイザー・ののこさん

夫と娘、息子の4人暮らし。夫の借金300万円が発覚したのをきっかけに抜本的に家計を見直し、3年間で600万円貯金を達成したカリスマ節約主婦。Instagramのフォロワー数は30万人超。テレビや雑誌、SNSで節約や家計管理などの情報を発信。著書に「スッキリ家事でお金を貯める」
「ののこの節約つくりおきレシピ」がある。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます