値段につられやすいけれど、できれば40代が避けたいNGサンダルは

値段の安さにつられやすいけど、実は避けたいNGサンダルの特徴は!?

値段の安さにつられやすいけど、実は大人は避けたいNGサンダルのパターンも。OKサンダルとの違いは!?

初夏から真夏にかけて大活躍するサンダル。新鮮で可愛いトレンドサンダルが多い上、今はプチプラサンダルも豊富なのでつい買ってしまいますよね。でも中にはできれば避けたいサンダルも……。そんなNGサンダルについて、ご紹介します。
 

プチプラサンダルで気を付けたいNGポイント3つ

1. ソールやストラップなどが堅いサンダルは痛くなりやすい
2. トレンド感が強すぎて、履きこなせず靴箱の肥やしに……
3. 楽チンサンダルのはずが重くて足が疲れてしまう
 

NGサンダル1. ソールやストラップなどが堅いサンダルは痛くなりやすい

プチプラサンダルの中で多い失敗例が、ソールやストラップなど、歩く時に肌に当たる部分が堅く、足が痛くなってしまうケース。サンダルはソックスなどでカバーできないので気を付けたいポイントです。

■OKサンダルの選び方
【OKコーデ】コーデの鮮度を上げてくれる上に履きやすいグルカサンダル 出典:WEAR

【OKコーデ】コーデの鮮度を上げてくれる上に履きやすいグルカサンダル 出典:WEAR

プチプラサンダルでも、ソールがきちんと足に沿ってしなるかどうか、ストラップや金具は歩いた時に違和感がないか、などしっかり確認するのがポイント。

写真のグルカサンダルもプチプラのアイテムですが、編み目を細くして足に馴染みやすくするなど、工夫されているのが◎。アンクルストラップ付きなのも、ホールド感がアップするのでおすすめです。
 

NGサンダル2. トレンド感が強すぎて、履きこなせず靴箱の肥やしに……

トレンドサンダルは見た目にもキャッチーで新鮮なので、つい手が伸びてしまいがち。ですが形と色、どちらもトレンド要素の強いサンダルだと、単品では可愛いけれど休日しか履けないなど自分の生活スタイルに取り入れにくく、コーデに悩むうちにサンダルのシーズンが終わってしまうことも……。

■OKサンダルの選び方
【OKコーデ】ヌーディーカラーならトレンドサンダルも馴染ませやすい 出典:WEAR

【OKコーデ】ヌーディーカラーならトレンドサンダルも馴染ませやすい 出典:WEAR

形もカラーもトレンド色が強いサンダルの場合は、まず形でトレンドを取り入れて、カラーは写真のように肌に馴染みのいいベージュ系など、ヌーディーな色を選ぶのがおすすめ。

足元の今っぽさはありつつも、色が馴染んでいるので浮きにくいのが◎。毎日のように履きまわしても気付かれにくいので、ワンシーズンでフル活用しやすいというコスパ面でのメリットも。
 

NGサンダル3. 楽チンサンダルのはずが重くて足が疲れてしまう

スポーツサンダルなど、楽に履けそうなイメージのカジュアルなサンダル。ですが、実際はソールが分厚いゴムのような素材で重たく、履いていて疲れてしまうことも……。

■OKサンダルの選び方
【OKコーデ】「クッション入りで歩きやすい」「軽量」など重さの面も忘れずチェック 出典:WEAR

【OKコーデ】「クッション入りで歩きやすい」「軽量」など重さの面も忘れずチェック 出典:WEAR

スポーツサンダルの中には、タイヤのように堅くて重いソールのものや、マジックテープ仕様だけどベルトが太くて痛いものも存在します。

スポーツサンダルは今年も引き続きトレンドアイテムでもあるため、さまざまなブランドからプチプラで登場していますが、「軽量化」「クッション入り」など機能性まで説明されているものを選ぶのがおすすめ。

写真のコーデのサンダルは「クッション入り」と説明に書かれていて、それなら安心して履くことができますよね。試着できる場合は実際に履いてみて、重さチェックも忘れずに。

3つのNGポイント、ぜひサンダル選びの参考にしてみてくださいね。

​​​​​<関連記事>
40代は避けたい!ジメジメ蒸し暑い日のNGファッション3つのポイント


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。