■ケンタッキーの「オリジナルチキン」の美味しい温め方4選

ケンタッキーの「オリジナルチキン」

ケンタッキーの「オリジナルチキン」


ケンタッキーの「オリジナルチキン」は、買ってからすぐ熱々の状態で食べたいですよね。ただ昨今の状況下でテイクアウトすると、家に着くまでに冷めてしまうことも。

実際、筆者も購入後、冷めた「オリジナルチキン」の問題にぶち当たったことがあります。熱々を食べたかったのですが、衣がシナシナと元気がなくなり、肉もやや硬くなりパサついてきたような……。この食感や味が好きという方もいるとは思うのですが、店舗で買った直後の「オリジナルチキン」に近づけたい! 冷めてしまってもより美味しく食べたい気持ちから、いろいろな方法で温め直してみました。今回は「オリジナルチキン」の温め方を4つ紹介していきます。

 

■4種類! ケンタッキーの「オリジナルチキン」のおすすめの温め方

ケンタッキーの「オリジナルチキン」の温め方

ケンタッキーの「オリジナルチキン」の推奨されている温め方


「オリジナルチキン」の箱には実は温め直しの方法が記載されています。「ケンタッキー」では以下の2つが推奨されています。
  • オーブントースター:アルミホイルで包んで180℃~200℃で5分~8分
  • 電子レンジ:無包装のまま1個につき、500Wで30秒~1分、1000Wで20秒~40秒
今回はこの中から電子レンジをやってみます。電子レンジでの温め方以外に、筆者が「美味しくできるかも?」と思った以下の3つの方法を加えて試してみました。
  • オーブンレンジでじわじわ焼く
  • グリル:IHコンロの火加減を強にして焼く
  • フライパン:弱火でじっくり温め
「オリジナルチキン」はサイズにばらつきがあるので、厚みによって時間の調整しつつ、チャレンジ!

 

おすすめの温め方1:オーブンレンジ

ケンタッキーの「オリジナルチキン」をオーブンレンジで温める

ケンタッキーの「オリジナルチキン」をオーブンレンジで温める


「オリジナルチキン」をアルミホイルに包んで、オーブンレンジで焼いてみました。200℃で8分加熱! 今回、加熱する「オリジナルチキン」は厚みがあったので、時間を長めにしています。
 
オーブンレンジで温めると肉は柔らかくなっていた

オーブンレンジ加熱したケンタッキーの「オリジナルチキン」の肉は柔らかい


焼き立てはアルミホイルの表面がかなり熱いので、トングなどを使って取り出すと良いと思います。アルミホイルを広げてみると、とても良い香りがしてきます。衣はカリカリッとまではいきませんが、復活。肉は柔らかくなっていました!

 

おすすめの温め方2:グリル

ケンタッキーの「オリジナルチキン」をグリルで温める

ケンタッキーの「オリジナルチキン」をグリルで温める


グリルを使って温める場合「オリジナルチキン」のサイズに気を配ってください。高さがありすぎるとグリルに入らない場合があるからです。
 
グリルで温めた「オリジナルチキン」

ケンタッキーの「オリジナルチキン」はグリルで温めるとジューシー


アルミホイルに包んで、5分ほど焼きました。火加減はIHコンロの「強」にしています。一度出してみると表面は熱いのですが、中まで温まっていないようなので、再度グリルへ。

「強」でさらに5分加熱しました。今度はしっかり中まで温まりました。アルミホイルで包んでいるので、焦げつきもありません。肉にはパサパサ感はなくジューシーでした!

 

おすすめの温め方3:フライパン

油を使わずにフライパンで温める

ケンタッキーの「オリジナルチキン」を油を使わずにフライパンで温める


今回、フライパンに油はしきませんでした。温めたフライパンに「オリジナルチキン」を乗せて、弱火で焼いていきます。

アルミホイルに包めば衣の焦げつきも防げそうですが、カリカリした美味しい衣が好みなので、あえてアルミホイルなしで焼きました。
 
衣の焦げ付きが美味しい

ケンタッキーの「オリジナルチキン」はフライパンで焼くと衣が香ばしくて美味しい


オリジナルチキンの形によっては焼きにくさもありますが、転がしながらやくと全体的に温まります。衣の焦げつきや肉の旨味がとても美味しいです。

 

おすすめの温め方4:電子レンジ

油がしみ出てきてジューシー

電子レンジで温めたケンタッキーの「オリジナルチキン」は油がしみ出てジューシーに


電子レンジでの温めは、推奨されている方法にしたがってやってみました。無包装のまま1個につき500Wで30秒~1分、1000Wで20秒~40秒が標準。筆者は「オリジナルチキン」の大きさを考えて、500Wで40秒温めてみました。油が飛び散ってしまうのを防ぐためにラップをかけて工夫!

加熱した後は油がしみ出てきていて、ジューシーです。ただ衣はカリッカリにはならず、柔らかさが増してしまうので、好みが分かれるところだと思います。

 

■ケンタッキーの「オリジナルチキン」を冷凍保存! 温め方のおすすめ

冷凍した「オリジナルチキン」はオーブンレンジで温める

ケンタッキーの冷凍保存した「オリジナルチキン」をオーブンレンジで解凍


ケンタッキーフライドチキンの公式サイトには、「オリジナルチキン」の冷凍について書かれていません。想定されていないんだと思います。でも食べきれない場合には、自宅で冷凍する人もいるでしょう。

冷凍保存した「オリジナルチキン」の解凍で、筆者がおすすめしたいのはオーブンレンジ。アルミホイルに包んで、200℃で15分ほど加熱しています。ほかにも電子レンジで解凍させてから、オーブンで焼いて仕上げるのもアリですね。

DATA
ケンタッキー┃オリジナルチキン


 

■オーブンレンジがおすすめ! ケンタッキーのサイドメニューの温め方

アルミホイルをかけてオーブンレンジで加熱

ケンタッキーの評判のサイドメニューをオーブンレンジで加熱


230円(税込)の評判のサイドメニュー「カーネルクリスピー」と「ビスケット」の温めはオーブンレンジがおすすめ。アルミホイルで包んでも良いですし、鉄板に乗せた後でアルミホイルを被せるのも手です。どちらも200℃前後で5分くらい加熱すると美味しかったです。

 

サックサク! ケンタッキーの「カーネルクリスピー」の温め方

衣がサクサクの「カーネルクリスピー」

ケンタッキーの「カーネルクリスピー」をオーブンレンジで加熱!


オーブンレンジで200℃前後で5分くらい加熱しました。「カーネルクリスピー」は衣がサクサクに!

DATA
ケンタッキー┃カーネルクリスピー


 

ケンタッキーの「ビスケット」をサクサク&しっとりに温め!

外側はサクサクの「ビスケット」

ケンタッキーの「ビスケット」をオーブンレンジで温めてサクサクに


「カーネルクリスピー」と同じくオーブンレンジで200℃前後で5分くらい加熱しました。「ビスケット」も表面がサクサクです。
 
中はしっとりしている

ケンタッキーの「ビスケット」はオーブンレンジで中がしっとりに温まる


中はしっとりと温まりました。取り出した直後は熱いので、火傷に注意です。

DATA
ケンタッキー┃ビスケット


 

■「温め方」を変えてケンタッキーの商品を自分好みの味に

ケンタッキーの商品をテイクアウトすると自宅で温めることになりますが、温め方もいろいろありますよね。今回試した4つの温め方は、肉のジューシーさにはほぼ同じ美味しい結果になりましたが、衣のサクサク感が違っていました。好みによって使い分けるのがおすすめ。ちなみに筆者はサクサク感が強いのが好きなので、フライパンでの温め方がいちばん好きでした!
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。