占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃の12星座占い。2022年5月9日~5月15日の運勢を西洋占星術で占います。

幸運の星・木星がおひつじ座に進み、運気の基調が大きく変わります。曖昧だったことが、明確な方向性を持って進んでいくでしょう。一方で、水星が惑い、コミュニケーションや交通手段、通信機器などに支障が出やすくなります。同じ言葉を使っていても思い浮かべる意味が違うなど、ズレが生まれることも。
12星座別!2022年5月9日~5月15日の運勢

【大人のための星占い】2022年5月9日~5月15日の運勢

 

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ) 

12年に1度の大幸運期が近づいています。でも、連休疲れが尾を引いて、どこか他人事のように感じそう。「いいことが起こるんだよね?」「これからはバラ色なんでしょう?」的な他力本願な姿勢だとせっかくの強運がカラ回りしてしまうことに……。

なぜなら、おひつじ座さんの幸運は「自分で切り開くもの」だから。こうしたい、叶えたい、そんな強い意志があるところに道が開けるのです。今、やりたいこと、やるべきことを明確にして、未来へのルートを確保しましょう。体調回復に有効なのは、睡眠です。早寝が正解。愛は、言葉にして伝えて。
 

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

心の奥底で恐れていたことが起こります。これまでも不安を抱えながらなんとかやってきたはずですが、いよいよ誤魔化しが効かなくなるでしょう。仕事、お金、家族や健康、直面する問題はシリアスでヘビーですが、多くの人が通ってきた道です。見栄を張ったり、無理をしたりすることができなくなる分、体感はラクになるし、「困った」「助けて」が素直に言えるようになることで思いがけない救いの手が差し伸べられることも。

人生にトラブルはつきもの。いくらでもやりようはあるので、気楽にいきましょう。愛も本音で向き合うチャンス。
 

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ) 

毎度お馴染みの水星の逆行の影響を受け、滞りが生まれます。1年に3回やってくる調整期ですが、今回はご自身のフィールドで起こるため、状況は整うけれどソノ気になれないという感じかも。でも、これ、どっちみち進むしかありません。迷って渋って相手を待たせるよりも、「やる」で次のコマへ向かいましょう。やりながら覚悟を決める感じで、十分に間に合います。

恋と社交は、良縁と悪縁が混在中。ただ、面白いことに、デメリットが多い関係だからこそ気づきや発見が得られるようです。「理由や意味を考える」ことが、大事なカギになるはず。
 

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

井の中の蛙のように暮らすか、大海を目指して旅に出るか、大きな分岐点に差し掛かっています。まず、常識が働き、安定や貯えを失うわけにはいかないと考えるでしょう。でも、10年、20年前のあなたも同じ選択をするでしょうか?

もし、答えがイエスならば、守りに入ってよさそう。ノーならば、心を奮い立たせて新しい挑戦をするべきです。可能性は無限で、ここで止まると後悔することに。もっと広い世界へ、人生の第二章を始めましょう。愛は、ご縁の見直しタイム。この先もずっと一緒にいたい相手か、一度よく考えて答えを出して。
 

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

強制リセットがかかりそう。これまでぼんやりと心積もりしていたことが、状況の変化で白紙に戻ってしまいそう。アテにしていた、そのつもりで動いていた、準備していたと言いたいことは山ほどあると思いますが、ここで頓挫する話は、手放していいのです。足枷となって、ずっと縛られたり、終わらせたくてもこちらからは切れない悪縁になる恐れがあります。

より強力な運気が動いているので、ダメなことはダメでいいと割り切って。次の道はすぐに見えてくるはずです。愛はアクティブに。スポーツやレジャーで盛り上げて。
 

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

問題の根の深さに気づきそう。今すぐの根本解決は難しくても、簡単に扱えることではないと気づくことが大きな進歩につながっていきます。長期戦に切り替えることで、心構えができてきちんと対処ができるようになるでしょう。

社交は、懐かしいご縁が復活してきそう。「あの頃のように」、もう一度向き合ってみると人生の忘れ物を取り戻すことができるはず。実家や義実家絡みの問題は、専門家のアドバイスが有効です。情だけで動かないように気を付けましょう。愛は、つながっていくタイミングです。愛する人の大事な人にも、心を寄せて。
 

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

あなたを取り巻く環境に大きな変化が起こります。入れ替えや配置換え、変更や方向転換など、順応力が求められるでしょう。これまでのやり方を基準にして動くと対応が遅れてしまうので、一度忘れて初心に戻ったつもりで言われるがままに動くのがよさそう。リバースメンターは、頼れます。後輩や年下の友人に助言やヘルプを頼みましょう。

情報の回りは早く、あらぬ方向へ広がりやすいため、ボヤキや未確認情報は封印が正解です。親しみからのからかいも、ジェンダー問題に発展するややこしさが。愛は、ベタな展開でわかりやすく。
 

さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

さそり座さんの面倒くささが発動しそうです。我ながらややこしい、しつこい、くどい、人に迷惑をかけると感じても、納得しないと先へ進めない性分ですから仕方がありません。物わかりのよいフリをして心の奥で引っかかっているよりも、「なぜ?」「どうして?」と食い下がった方がいいのです。あなたの問題提起によって、見過ごされそうだった過ちを防げるのですから。扱いにくいストッパー役、ブレーキ役として力を発揮して。

ボディメイキングは、有望。筋トレやランでしなやかな筋肉を手に入れましょう。愛は、思い出デートがロマンチック。
 

いて座(11月23日~12月21日生まれ)

パワーバランスに変化が起こりそう。これまでその他大勢ポジションに甘んじていた、いて座さんですが、実力やキャリアが認められて頭角を現し、人の上に立つことになるでしょう。今週はその前哨戦のようにリーダー役が回ってきます。チームやグループのまとめを頼まれたり、自然にみんなを引っ張ったりすることになるでしょう。

あなたの意見が全体の流れに大きく影響していくので、フェアな発言を心がけて。オフィシャルなシーンでの活躍、抜擢も期待できます。おしゃれは、シックにまとめて。愛は、熱い思いが流れを好転させるはず。
 

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

よく言えば落ち着いている、悪く言えば老けやすい、そんな運勢が巡ってきます。物事にじっくりと取り組めるようになるのはいいことですが、切り口ややり方が昔のままでは、老人の手慰みで終わってしまうことに。吸収力も高まっていきますから、「わからない」ことは習いましょう、覚えましょう。初心者として教えを請えば、持ち前のカンのよさ、センスのよさで、メキメキと上達します。時代に追いつく、今を掴む壮大な挑戦をスタートさせるのです。

チームやサークルに加入するのは、良い刺激に。愛は、面倒見よく。世話を焼いて。
 

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ) 

真価が問われています。自分では要領よくこなしているつもりでも、さらっと流してしまったり、やっつけで片づけてしまいやすいでしょう。特に、GW明けの混乱の中、きちんとやるよりも数があればいい、間に合えばいいという考えに偏りそう。

でも、適当にやったことは、簡単に見破られてしまいます。早い、すごいとその場ではホメられても、あなたが去った後に荒さが問題になったりするのです。それなりの仕上がりで満足せずに、ベストを尽くしていきましょう。ここで評価を上げておくと、後がラクですよ。愛は軽く、ノリよく盛り上げて。
 

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

12年に1度の大幸運期は、小休止へ。ここから約半年の間は、これまでに頑張ってきたことを定着させるターンに入って行きます。前進を止めて、足場固めを意識していきましょう。よい習慣がつきやすい時なので、やって楽しかったこと、続けていきたいことをルーティン化していくと良さそう。規則正しいリズムで暮らすことで、10月以降再び訪れる大飛躍運のパワーを溜めることができるでしょう。

金運も高まっていくため、つもり貯金を心がけていくと、未来の資金が作れるはず。愛は、運命共同体へ。足並みをそろえ、協力体制を作って。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。